サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

初心者コーナー

どんなリスクがあるの?

債券Q&A

債券の種類によって、リスクは異なります。

主なリスクには以下があります。
外貨建て債券の場合は、為替変動リスク、および為替変動に直接的な影響をあたえるカントリーリスク(その通貨の国の政治・経済・社会情勢の変化のリスク)もあげられます。

価格変動リスク
(金利変動リスク)
償還前に売却する場合は時価での売却になりますが、債券の価格は金利情勢や政治情勢など様々な要因で変動します。
為替変動リスク 円貨から外貨へ、または外貨から円貨へ換金する時の為替レートは、外国為替相場の影響を受けます。(外貨建て債券の場合)
為替レートによっては当初元本を上回り為替差益を得る可能性も、下回って為替差損を被る可能性もあります。
信用リスク 債券の発行体の財務状況の悪化により、債務不履行に陥る可能性があります。
債務不履行になった場合、利金の支払いに遅延が生じたり、支払われなくなったり、投資した金額(元本)の一部もしくは全額が戻ってこないこともありえます。時価や流動性に影響を及ぼす可能性が高いです。
信用リスクは「格付け」が参考になります。BBB以上の投資適格債券であれば、債務不履行に陥る可能性は低いです。
流動性リスク 流動性の低下により、売却希望時に直ちに売却することが困難になる場合があります。
希望の価格がつかない、希望のタイミングで現金化できない、という可能性もあります。

よくある質問