サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

初心者コーナー

体験談3:プロの力を借りて海外投資

投資信託Q&A

中国の経済はまだまだ伸びると思うんだけど、中国株を自分で選んで買うのは自信がないな。

オススメ! そんなマネ吉さんには、中国の株を投資対象としている投資信託がオススメ!

中国の経済はまだまだ伸びそうで興味があるが、個別の銘柄を自分で選ぶのは難しそう

そこで、中国株を投資対象とするアクティブ運用の投資信託を購入することに。


日々の価格の値動きは、マネックスのホームページでチェック。

組み入れている銘柄や運用の状況は、ファンドレポートで。


中国以外にも、これからの成長を期待している東欧やロシアの株式にも挑戦したい。

そこで、東欧やロシアを投資対象とする投資信託へも、資金を分散して購入。

投資信託 初心者コーナー トップへ

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日またはその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込 2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。