サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

初心者コーナー

投資信託Q&A

○○型って何?

投資対象や運用方針によって、いくつかの型に分類されています。

投資信託は、特徴によっていくつかの型(カテゴリ)に分類されています。

○○型というカテゴリを見ることで、おおまかな特徴を捉えることができます。

バランス型
  • 国内外の株式や債券、不動産投資信託など、複数の資産クラスに投資するファンド。
  • 分散投資の効果でリスクを抑えた運用が期待できます。
国内株式型
  • 主に国内の株式に投資。
  • ファンドによって、投資方針や運用手法が異なります。
インデックス型
  • 日経平均やTOPIXなど、国内のインデックス(市場全体の動向を表す指標)に連動することを目指した運用。
アクティブ型
  • 国内のインデックス(日経平均株価やTOPIXなど)に対して、相対的に高い投資成果を目指した運用。
国際株式型
  • 主に海外の株式に投資。
  • 為替ヘッジをしていない場合、為替の変動リスクが伴います。
  • ファンドによって、投資対象国や投資対象、運用手法が異なります。
インデックス型
  • 海外の株式市場のインデックス(=市場全体の動向を示す指標)に連動する投資成果を目指した運用。
  • ファンドによって、採用するインデックスが異なります。
アクティブ型
(先進国)
  • 主に、経済発展の進んだ国(一般には、米国や一部のヨーロッパ諸国等を指します)を投資対象とするファンド。
アクティブ型
(新興国)
  • 主に、経済成長が発展段階にあり、今後の更なる成長が期待される国を投資対象とするファンド。
  • 先進諸国への投資と比較して、相対的にハイリスク・ハイリターンの商品が多いのが特徴。
国内債券型
  • 国内の公社債に投資。
  • 安定的な運用が期待できる商品が多い。
国際債券型
  • 海外の公社債などに投資。
  • 国内債券型よりも、高い収益分配金が期待できますが、為替ヘッジをしていない場合、為替の変動リスクが伴います。
外貨建てMMF
  • 格付の高い各国通貨建て(米ドル、豪ドル)の短期証券を中心に運用される外国の投資信託
インデックス型
  • 海外の債券市場の動向を示す指標(=インデックス)に連動する投資成果を目指した運用。
アクティブ型
  • 海外の債券を投資対象とし、ファンド毎の投資方針に従って投資先の選定、運用を行うファンド。
ブルベア型
  • 株式市場全体の値動き等を上回る投資成果を目指すため、基準価額は大きく変動します。
  • 下落した場合でもリターンを狙うことができます。
オルタナティブ投資
  • 上場株式や債券を買うという伝統的な投資手法を超えて、様々な運用手法を用い、あるいは新たな資産クラスへの投資を行う運用手法の総称。
不動産
  • 主に国内外の不動産投資信託(REIT)に投資。
  • 地価上昇によるリターンと賃貸収入を収益の源泉とするファンド。
コモディティ
  • 世界の商品市況の値動きを概ね捉えることを目指したファンド。
  • コモディティとは一般に、エネルギー、農産物、金属等の各種商品を指します。

投資信託Q&A一覧

次へ (インデックスとは?)

口座開設はこちら(無料)