サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

初心者コーナー

投資信託Q&A

どんなリスクがあるの?

投資対象によって、注意すべきリスクが異なります。

投資信託は、それぞれ投資対象が異なりますが、何を投資対象としているかにより、注意すべきリスクが異なります。

商品毎のリスクは、投資信託説明書(交付目論見書)等に記載されていますので、必ず事前に確認しましょう。

また闇雲にリスクを恐れるのではなく、リスクとうまく付き合っていく方法も学びましょう。

リスクを抑える方法

投資信託における主なリスク

投資信託は、値動きのある有価証券に投資しますので基準価額は上昇することもあれば下落することもあります。従って投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

また、投資信託は商品毎に応じて様々なリスクがあり、以下は一般的なものを示したものにすぎませんので、ご購入の際には、投資信託説明書(交付目論見書)で内容をご確認ください。

価格変動リスク 組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。
流動性リスク 市場規模や取引量が少ない場合、組入銘柄を売却する際に市場実勢から期待される価格で売却できず、不測の損失を被るリスクがあります。
為替変動リスク 海外の株式や債券などに投資する場合、為替相場の変動の影響を受けます。為替が変動することによって投資信託の基準価額が変動し、リスクが生じます。
金利リスク 債券の組入れを伴う投資信託については、金利の変動によって、債券価格が変動するリスクが生じます。
一般的には、金利が上がれば、債券価格は下落し、金利が下がれば、債券価格は上昇する、という関係が成立しています。したがって、金利が上昇することで債券価格が下落し、それによって基準価額が損失をうけることがあります。
信用リスク 組み入れた株式や債券の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込むことがあります
カントリーリスク 投資する国の政治・経済および社会情勢の変化により、ファンドの基準価額に大きな変動をもたらす可能性があります。
不動産投資リスク 不動産投資信託は、組入れた不動産の価格の値下がりおよび市場での価格の変動により投資元本を割り込むことがあります。

投資信託Q&A一覧

次へ (どれくらい儲かるの?)

口座開設はこちら(無料)