サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

外国為替証拠金取引(以下、FX)を試してみたいけど、株と違ってなじみがないという方に向けて、FXと株の違いをご案内!

FXと株の比較

FXと株の違いをまとめました。

  FX 日本株
投資対象 通貨ペア
(FXPLUSの場合、13通貨ペアの取引が可能)
個別企業
(約4000銘柄)
取引時間 平日 24時間
(日本の祝日も取引可能)
平日
9時~11時半
12時半~15時
収益チャンス 売り・買い 買い
(信用取引の場合、
売り・買い)
インカムゲイン スワップポイント(金利) 配当金
レバレッジ 最大25倍 なし
(信用取引の場合最大約3.3倍)
取引に必要な
最小費用
約4,000円
※1米ドル=100円、1000通貨取引の場合。
数万円~数百万円

マネックス証券の取引ルールを基に作成

24時間取引ができる!

FXは株(※)と異なり、基本的に24時間いつでも取引可能です。シドニー、東京、ロンドン、ニューヨークと市場が受け継がれ、土日を除いて、基本的に24時間取引されています。

特に世界中で一番取引が活発になる時間帯は、欧州とアメリカの市場が重なる午後6時から午前0時ごろまで。この時間はアメリカの重要な経済指標が発表される時間でもあり、これを受けて為替市場が大きく動くこともしばしばです。

※ 日本株(東証)の取引時間 9:00~11:30、12:30~15:00(名証・福証・札証15:30)

高金利通貨の買いで、原則、毎日スワップポイント(金利)が発生!

FXは株と異なり、通貨間の金利差によって毎日スワップポイントの受払いが発生します。国によって、金利水準は大きな開きがあり、通貨取引の場合には金利差が生じ、その分を調整する必要があるためです。

スワップポイントを受け取るためには、金利の高い通貨を買ったまま持っている必要があります。一方で、金利の高い通貨を売る場合には、逆にスワップポイントの支払いが発生します。

たとえば・・・・

南アフリカランドの取引を想定します。南アフリカランドの方が金利が高かった場合、南アフリカランドを買ったまま持っている状態では、金利の安い円を借りて金利の高い南アフリカランドを持っていることになります。安い金利を支払って、高い金利を受け取っているのです。

一方で、南アフリカランドを売る取引の場合、金利の高い南アフリカランドを借りて金利の安い円を保有していることになります。そのため、スワップポイントの支払いが発生します。

南アフリカランド/円(ZAR/JPY)の買いのスワップポイント

南アフリカランドのレートが9.5円の時
10,000南アフリカランドの運用で1日にもらえるスワップポイント

9.5円×10,000通貨×5.0%÷365≒13円

※ 上記は一例です。スワップポイントは、インターバンク為替先物市場を元に設定されますが、各国金利差ばかりでなく為替相場の変動に左右されますので、固定されているものではありません。

上記取引に必要な証拠金はレバレッジにより異なります。

仮にレバレッジ1倍であれば、取引に必要な証拠金は95,000円となります。また、レバレッジ2倍であれば、取引に必要な証拠金は47,500円となります。

ただ、スワップポイントは、必要証拠金ではなく、取引をしているポジションに対応しています。そのため、もし仮に2倍のレバレッジを活用し、47,500円の証拠金で1万南アフリカランドを買い、180日後に売ると、13(円)×180(日)=2,340円のスワップポイントの受け取りが発生し、計算上、年換算約4.9%の収益率が得られることになります。

レバレッジ 必要証拠金 180日間に付与される
スワップポイント
必要証拠金に対する収益率
1倍 95,000円 13(円)×180(日)
=2,340円
2.5%
2倍 47,500円 4.9%
5倍 19,000円 12.3%
10倍 9,500円 24.6%
15倍 6,334円 36.9%

※ 1万南アフリカランドを買い、180日後に売った場合のレバレッジごとの利回りのシミュレーション。

※ 為替レートおよびスワップポイント(1日当たり13円)の変動は考慮していません。また、将来の運用成果等を保証するものではありません。

変動要因として実需がある!

為替市場は、株式市場と異なり、実需取引があります。すなわち、為替市場には、ドル/円がいくらであろうと取引する参加者がいます。

例えば、国境をまたぐ貿易の決済や旅行代金、金利配当の受け取りなどです。実需筋から投機筋まで参加者が存在しています。そのため、各国のファンダメンタルズやテクニカルに基づく見通しとは異なる取引もあります。

為替変動要因

  • ファンダメンタルズ要因(例:・金利の変動、要人発言、経済指標の発表、株価の変動)
  • テクニカル要因(例:チャート上のシグナル等)
  • 需給要因(例:国境をまたぐ貿易の決済、旅行代金の支払い、金利配当の受け取り)

FX・先物オプション・米国株ダイヤル

0120-911-440

携帯・PHS:03-6737-1668

【サポート】
平日8:00~17:00

FX(外国為替証拠金取引)トップへ


外国為替証拠金取引は、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意をお願いいたします。お客様の本商品・取引の性格・リスク・費用に対する正確なご理解を前提とし、現在の収入金額や金融資産額の状況、ご投資資金の運用期間や目的を十分にご考慮のうえ、お取引の決定のご判断をお願い申し上げます。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには…

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでないお客様
証券総合取引口座をお持ちのお客様

証券総合取引口座の開設が必要です。
口座を開いてみませんか?

口座開設・資料請求はこちら(無料)

下のボタンをクリックすると、FX PLUS取引口座のお申込み画面に直接、ログインすることができます。

ログインして申込む

こちらから簡単にお申込みできます。お申込み日からお取引が可能です。

FX PLUS口座開設(無料・カンタン)


FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客さま

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ取引口座」もご用意しています。仮の資産でお試し取引ができるので、初めてでも安心です。
「デモ取引口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS デモ取引口座の詳細・お申込み