サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

メリットとリスク

メリットとリスク

人気のFX取引には、外貨預金や外貨建てMMFなど、ほかの金融商品にはない魅力がある反面、その魅力と対立するリスクもあります。FX取引のリスクを正しく理解することが、FX取引を楽しむための近道となります。

メリット

少額からはじめられる 24時間取引できる 円高円安両局面が
収益チャンス
マネックス証券のFX PLUSの場合、1,000米ドルを取引するために必要な証拠金は、1米ドル/円=100円の場合、4,000円です。(※)
また、1,000米ドルは、100,000円に相当し、投資元本の25倍相当額の取引ができるので、資金効率が上がります。

土日を除き原則24時間、いつでもお取引可能です。
日本の祝日でも海外市場が開いていればお取引が可能。

日中なかなか時間が取れない方でもタイムリーに取引ができます。

マネックス証券のFX PLUSは、外貨買い・外貨売りの両方の取引が可能です。

「この先は少し円高になる」と予想すれば、外貨を売って円高になってから買戻しを行なうことで、為替差益を得られます。

リスク

投資金額以上に損する可能性 相場の急変があり得る 保有しているだけで
費用が発生する可能性
投資元本に比べて大きな金額の外貨取引が可能なため、投資元本に比べて大きなリターンが期待できますが、半面、投資元本以上の損失を被る場合もあります。 為替レートは24時間刻々と変化します。
就寝中やお仕事中など、お客様がレートを確認できない間に相場が急変する可能性もあります。

一般的に金利の高い方の通貨を売って、金利の低い方の通貨を買った場合「スワップポイント」の支払いが発生します。

為替差損益ではプラスでも、「スワップポイント」の支払いでトータル収益がマイナスになることもありますので、通貨ペアのスワップポイントには注意が必要になります。

対応

取引スタイルを決める ツールを活用する 売りの場合「決戦は短期で」
ご自身の取引スタイルを決めましょう。
証拠金の金額(必要証拠金の金額)は、金融資産全体の何パーセント程度にするか、また、レバレッジ(てこの原理)は何倍くらいにするか、あらかじめイメージしてから取引をはじめることが肝要です。

マネックス証券のFX PLUSでは、急激なマーケットの動きに対して損失の拡大を極力限定させるために、損失が一定の水準まで到達するとメールでお知らせします。

また、自動的にロスカット(自動注文)を行なう機能もあり、FX PLUSではロスカットレベルを任意に設定できます。

外貨売りの場合は、日々の値動きを見ながら、目標利益に達したらすぐに決済注文を出して、利益を確定したほうがよいでしょう。

また、思惑と逆に、円安になってしまったときのために、あらかじめストップ(逆指値)注文を出しておくのも有用であるといえます。

(※)必要証拠金額は、リアルタイムの為替レートを反映し、算出されます。