サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

初心者コーナー

先物オプショントップへ

先物・オプション取引をはじめる前に

限月(げんげつ)

先物・オプション取引の売買約定を決済しなければならない月のこと。
各限月の第2金曜日の前日が取引最終日となります。

例えば、日経225先物取引とJPX日経400先物の銘柄は、「3、6、9、12月」、日経225ミニとオプション取引の銘柄は「毎月」、限月が設定されています。

SQ日が到来し、一つの限月の取引が終了すると、新しい限月の銘柄の取引が開始されます。

SQ(スペシャルクォーテーション)

先物・オプション取引は限月の第2金曜日が満期日です。取引ができるのは、その前日までですが、この日までに決済の行われていない建玉は、日経225構成銘柄、JPX日経インデックス400構成銘柄の寄付値をもとにした数値が算出されるSQ(特別清算指数=special quotation)で強制的に清算が行われます。SQが算出される日は、SQ算出日、略してSQ日と呼ばれます。

証拠金

証拠金とは、取引するための資金のことです。

先物・オプション取引では、その資金を「担保」として、その資金以上の取引をするために、「証拠金」と呼ばれます。

また、取引で生じた損益は、証拠金に反映され、損失が生じると証拠金が減ることになります。

建玉(たてぎょく)/ポジション

建玉(ポジション)とは、売買約定が成立した取引で未決済のものをいいます。

新規に売り約定したものは「売建玉」、買い約定したものは「買建玉」といいます。
その後、決済注文をすることで建玉(ポジション)を清算し、損益を確定します。

前へ(注文取引の流れは?)

先物・オプション取引は、全てのお客様の投資運用に適合するものではございません。お客様によっては、投資商品として適合しない場合がございますのでご注意ください。また、お取引にあたっては、契約締結前交付書面や、お取引に関する重要事項等をよくお読みのうえ、本商品の性格やリスク、費用について十分ご理解ください。

先物・オプション取引をはじめるには…

マネックス証券の「証券総合取引口座」と「先物・オプション取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

マネックス証券に口座をお持ちでないお客様
マネックス証券に口座をお持ちのお客様

まずは証券総合取引口座の開設が必要です。口座開設完了後、ログインし「先物・オプション」→「お申込み方法」より、先物・オプション取引口座開設の手続きをしてください。

口座開設・資料請求はこちら(無料)

下のボタンをクリックすると、ログイン後、「先物オプション取引口座申込み」画面へ移動します。

ログインして申込む

先物・オプション取引をご利用いただくには、先物・オプション取引口座の開設が必要です。ウェブサイト上からお申込みください。

先物・オプション取引口座開設(無料)

お申込みにあたりましては、「取引ルール」をご確認ください。

お客様の「?」を解決 コールセンターのご案内

口座をお持ちでない方

一般電話から:0120-430-283(通話料無料)

携帯電話・PHSから:03-6737-1667(通話料お客様負担)

受付時間:平日8:00~17:00


口座をお持ちの方

一般電話から:0120-911-440(通話料無料)

携帯電話・PHSから:03-6737-1668(通話料お客様負担)

受付時間:平日8:00~17:00

事前に、ログインID(7桁または8桁の数字)および暗証番号(4桁の数字)をご用意ください。

ご利用の手順はこちら