サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

くりっく株365

ほぼ24時間、日経225の取引が可能
海外指数が円建てで取引可能、証拠金も円でOK

呼び値・制限値幅・注文入力可能値幅

呼値の単位

日経225証拠金取引の呼び値の単位は1円、DAX証拠金取引とFTSE100証拠金取引の呼び値の単位は1ポイントです。

制限値幅

日経225証拠金取引では、一日の価格の変動幅を上下一定の範囲に制限する制限値幅を設定しています。

取引所において、前取引日の清算価格を基準として、その水準に応じて制限値幅の範囲を設定しています。

日経225証拠金取引

前取引日の清算価格 制限値幅の範囲
7,500円未満 上下1,000円
7,500円以上 10,000円未満 上下1,500円
10,000円以上 12,500円未満 上下2,000円
12,500円以上 17,500円未満 上下3,000円
17,500円以上 22,500円未満 上下4,000円
22,500円以上 27,500円未満 上下5,000円
27,500円以上 32,500円未満 上下6,000円
32,500円以上 37,500円未満 上下7,000円
37,500円以上 42,500円未満 上下8,000円
42,500円以上 上下9,000円

注文入力可能値幅(プライスリミット)

当社では、誤発注防止の観点から、基準価格より注文入力可能値幅(プライスリミット)を超える注文を制限いたします。
当社が設定するプライスリミットは、下記のとおりです。

日経225証拠金取引 基準価格の上下2,000ポイント
DAX®証拠金取引 基準価格の上下2,000ポイント
FTSE100証拠金取引 基準価格の上下2,000ポイント
NYダウ証拠金取引 基準価格の上下2,000ポイント

基準価格は原則として、マーケットメイカーが提示する最優良売呼び値と最優良買呼び値の中間値です。

なお、取引所が設定したプライスリミットを超える高い買指値注文および低い売指値注文(高い売トリガ注文および低い買トリガ注文を含む)は、発注することができません。取引所が設定したプライスリミットは、取引所ウェブサイトもしくは、くりっく株365画面(照会→商品情報照会)にてご確認いただけます。

東京金融取引所ウェブサイトはこちら

くりっく株365をはじめるには…

くりっく株365をはじめるには…

こちらから簡単にお申込みできます。

くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

くりっく株365の取引対象である株価指数は、需給関係、対象株式の相場、配当予想額、為替相場、金利相場の変動等に伴って変動するため、これにより元本損失が生じることがあります。くりっく株365では、取引金額が証拠金の額に比して大きいため、取引対象である株価指数の変動により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が発生することがあります。くりっく株365では、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。

<手数料等>

くりっく株365では、片道1枚あたり141円(税抜)の取引手数料がかかります。

<証拠金>

くりっく株365では、証拠金の額は、東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額に、当社が定める金額(東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額の2倍を上限額とします。)を加算した額に建玉数量を乗じて算出します。証拠金の額は、東京金融取引所でリスクに応じて算定する証拠金基準額および取引対象である株価指数の価格に応じて変動するため、取引金額の証拠金に対する比率は、常に一定ではありません。詳細はくりっく株365のウェブサイトでご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。