負けないことを目指すファンド

負けないことを目指すファンド

投資の世界においての理想は、負けないこと。
インデックスに対する勝ち負けではなく、損するか、しないか。
しかし、実践するのはなかなか難しいもの。
損をしないこと、負けないことを何年も何年も追い求めているファンドがあります。今回、新しく採用するそんなファンドをご紹介します。

設定来(約40年間)でマイナスになった年は5回のみ

アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド(詳細はこちら)

良好な運用実績を誇るトータルリターン運用戦略

三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド(詳細はこちら)

金融危機時にもプラスのリターンを挙げた英国屈指の投資戦略

BNYメロン・リアル・リターン・ファンド(詳細はこちら)

アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド

1.約40年の実力

「アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド」の類似ファンドの約40年にわたる優れたパフォーマンスをご紹介します。

アムンディ・ジャパンのデータ、Bloomberg等を基にマネックス証券作成

類似ファンド:「アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド」が投資する「ファースト・イーグル・アムンディ・インターナショナル・ファンド」の運用チームが同じ運用手法で運用するファンド(費用控除後)。

世界株式:MSCIワールド・インデックス(配当込)

米ドルベース

上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するもので はありません。また、「アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド」の実績ではなく、将来の運用成果等を保証するものではありません。

2016年12月末現在

<実質的な運用会社:ファースト イーグル社>

  • 200年以上の歴史を有する、米国有数の独立系運用会社のひとつです
  • 同社のグローバル・バリュー・チームが運用を担当します

2.語り継がれる投資行動

約40年にわたり、実績を残し続けるにはワケがあります。
確固たる投資哲学。約40年間守り続けています。

(出所)アムンディ・ジャパン

(出所)アムンディ・ジャパン

アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド

つみたてOK 100円積立 NISA

<ファンドの特長>

  • 実質的に世界の株式に投資し、相場環境にかかわらず、米ドルベースでプラスのリターンを追求します。

三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド

(三井住友アセットマネジメント)

1.良好な運用実績を誇るトータルリターン運用戦略

「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド」の類似ファンドの約20年にわたる良好なパフォーマンスをご紹介します。

三井住友アセットのデータ、Bloomberg等を基にマネックス証券作成

類似ファンド(トータルリターン運用戦略) : 「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド」が投資対象とする外国投資信託と同様の運用手法を用いたファンドのコンポジット(費用控除前、米ドルベース)。

世界株式:MSCI AC World(米ドルベース)

世界債券:バークレイズ・グローバル総合(米ドルベース)

上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド」の実績ではなく、将来の運用成果等を保証するものではありません。

1999年10月末~2016年12月末

2.語り継がれる投資行動

実績を残し続けるにはワケがあります。
徹底した下落リスクのコントロール。
リーマンショック前においては、実質的なリスク資産の組入比率を50%以下にすることで、下落を極力おさえ、その後の相場回復時に組入比率を上げることで、パフォーマンスを上昇させています。

三井住友アセットのデータ、Bloomberg等を基にマネックス証券作成

類似ファンド(トータルリターン運用戦略):「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド」が投資対象とする外国投資信託と同様の運用手法を用いたファンドのコンポジット(費用控除前、米ドルベース)。

世界株式:MSCI AC World(米ドルベース)

世界債券:バークレイズ・グローバル総合(米ドルベース)

上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、「三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド」の実績ではなく、将来の運用成果等を保証するものではありません。

2007年9月~2009年12月

三井住友・新興国債券トータルリターン・ファンド

つみたてOK 100円積立 NISA

<ファンドの特長>

  • 新興国を中心とする世界各国の債券に投資するとともに、デリバティブ取引を活用することにより、価格下落リスクを限定しつつ、トータルリターンの獲得を目指します。

BNYメロン・リアル・リターン・ファンド

1.堅実なパフォーマンス

「BNYメロン・リアル・リターン・ファンド」の類似ファンドの堅実なパフォーマンスをご紹介します。

BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパンのデータ、Bloomberg等を基にマネックス証券作成

リアル・リターン戦略:「BNYメロン・リアル・リターン・ファンド」が投資する「BNYメロン・グローバル・リアル・リターン・ファンド」と同様の運用プロセスを用いて運用するすべての英ポンド建てファンドおよび英ポンド建て口座から構成されるコンポジット(英ポンドベース)。

世界株式:MSCIワールド・インデックス(配当込み、現地通貨ベース)、世界債券:シティグループ世界国債インデックス(現地通貨ベース)

2004年の騰落率は、2004年3月末から2004年12月末までの騰落率。

上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、「BNYメロン・リアル・リターン・ファンド」の実績ではなく、将来の運用成果等を保証するものではありません。

2016年12月末現在

<実質的な運用会社:ニュートン・インベストメント・マネジメント>

  • 米国有数の金融グループであるBNYメロングループ傘下の運用会社。
  • ロンドンに本社を置く、グローバルなマルチアセット、株式、債券のスペシャリスト

(出所)BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン

2.語り継がれる投資行動

堅実な実績を残し続けるにはワケがあります。
幅広い資産への分散投資と徹底的なリスク管理を基にした資産配分の実践。

BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパンのデータを基にマネックス証券作成

「BNYメロン・リアル・リターン・ファンド」が投資する「BNYメロン・グローバル・リアル・リターン・ファンド」と同様の運用プロセスを用いて運用する戦略の代表口座(英ポンド建て)の資産配分です。

上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、「BNYメロン・リアル・リターン・ファンド」の実績ではなく、将来の運用成果等を保証するものではありません。

2004年4月末~2016年3月末、月次ベース

(出所)BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン

BNYメロン・リアル・リターン・ファンド

ノーロード つみたてOK 100円積立 NISA

<ファンドの特長>

  • 世界の株式、債券、通貨等に実質的に投資し、様々な投資環境に柔軟に対応しながら、中長期的に米ドルベースで絶対収益の追及を目指します。

毎月分配型ファンドについての注意事項

上記でご紹介したデータ等は過去のものおよび予想であり、将来の運用成果等を約束するものではありません。

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日またはその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込 2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。