プレミアム・ハイブリッド 2006のご留意事項

お申込みは50万円から

このファンドは2006年12月7日をもって、お申込みの受付を終了しております。

お申込期間 2006年8月14日~2006年12月7日午後15時まで。
お申込単位 50口以上1口単位 (1口=10,000円)
お申込価格 10,000円 (1口当たり)
お申込時の手数料 100口未満 : 2.625% (税込)
100口以上1,000口未満 : 2.1% (税込)
1,000口以上10,000口未満 : 1.575% (税込)
10,000口以上 : 1.05% (税込)

【例】

50口お申込の場合の購入代金 50口×10,000×1.02625=513,125円
100口お申込の場合の購入代金 100口×10,000×1.021=1,021,000円

買戻し(中途換金)について

このファンドは、2006年12月15日から2012年5月の買戻日までは、買戻し(中途換金)できません。 最初の買戻日は、2012年5月の第5ファンド営業日(海外における営業日ベース)です。

ファンド営業日とは、通常、バミューダおよびニューヨークにおける銀行営業日(土日を除く)をいいます。

買戻しについて

2006年12月15日からの「ロックアップ期間(換金できない期間)」経過後、買戻し(年2回/5月・11月)の請求をすることができます。
買戻しのお申込みは、5月の買戻しについては前年の12月、11月の買戻しについては、同年の6月の、それぞれ第1営業日から最終営業日注文受付締切時間までに行う必要があります。

ロックアップ期間経過後の最初の買戻しスケジュール

買戻しスケジュール

12月買戻しお申込み・5月お支払の場合

6月買戻しお申込み・11月お支払の場合

買戻しのお申込み 2011年12月以降、年2回(6月、12月)に買戻しのお申込ができます。
  • 5月の買戻しの場合
    前年の12月の第1営業日から最終営業日まで。
  • 11月の買戻しの場合
    当年の6月の第1営業日から最終営業日まで。
買戻日 2012年以降、原則として、5月、11月の第5ファンド営業日

ファンド営業日とは、通常、バミューダおよびニューヨークにおける銀行営業日(土日を除く)をいいます。

国内約定日 買戻しの注文の成立を当社が確認した日
(通常は買戻日の日本における翌営業日)
代金のお支払い 国内約定日から起算し、原則として、日本における10営業日目。
買戻価格 買戻日の直前の評価日(買戻日の前月末)における受益証券一口当たりの純資産価格

2012年、2013年における買戻しには買戻し手数料(信託財産留保額:買戻された受益証券一口当たりの純資産価格の2.5%)をご負担いただきます。
2014年以降の買戻しについては買戻し手数料はかかりません。

  • 買戻しのお申込日から、適用される受益証券一口当たりの純資産価格が決定するまでに5ヶ月以上の期間を要するため、買戻価格は買戻しのお申込みをいただいた時点での受益証券一口当たりの純資産価格と大きく異なる場合があります。
  • ある買戻日について買戻申込みのあった受益証券口数の総数が買戻申込締切時点に残存する受益証券口数の10%を超えた場合、10%を超過する口数についての買戻申込は取消されます。また、この場合、10%までの受益証券口数について、当初買戻申込口数に応じた按分比例により、実際の買戻口数が決定されます。

リスクについて

換金リスク

当ファンドへの投資には、以下の換金リスクがあります。

  • 当ファンドは信託期間が15年間であり、当初約5年半は買戻し(中途換金)ができません。
  • その後も買戻しは年2回の特定のタイミングにおいてのみ可能であり、買戻しのお申込みから買戻代金のお支払いまでには一定期間(約5ヶ月超)を要します。

価格変動リスク

当ファンドは「プライベート・エクイティ・ファンド」や「ヘッジ・ファンド」への投資を通じて、国内外の株式、債券、為替、先物、デリバティブ等への投資を行います。
したがって、経済環境の予測不能な変化、市場価格の変動、組入株式や債券等の発行体その他関係法人の倒産や財務状況の悪化等の影響により、純資産総額が下落し、ファンドへの投資金額のすべてまたは一部を失う可能性があります。

流動性リスク

当ファンドの投資対象であるプライベート・エクイティ・ファンドが保有する有価証券や出資持分には流動性がほとんどなく、また、投資対象であるプライベート・エクイティ・ファンドがそのような有価証券や出資持分を公募において売却できる、もしくは第三者に売却できる保証はありません。
したがって投資目的が達成されない、または投資額が返済されない可能性があります。また、当ファンドが投資するプライベート・エクイティ・ファンドの持分には譲渡制限が課され、当ファンドが自発的に投資の一部を引き揚げることができないなど、流動性リスクを伴います。

為替リスク

当ファンドは円建てですが、投資先であるヘッジ・ファンドのほぼすべて、およびプライベート・エクイティ・ファンドの一部は米ドルその他の外国通貨建てとなることが予定されております。
当ファンドは、これら外国通貨建て資産について原則為替ヘッジを行いますが、為替ヘッジを行った場合であっても為替変動の影響を完全には回避できないことや、米ドルその他外国通貨建てのプライベート・エクイティ・ファンド関連資産については為替ヘッジを行わない予定であることから、当ファンドは為替リスクを伴います。

  • 上記に記載のないリスクも含め、その詳細については投資信託説明書(目論見書)をご確認ください。
  • 当ファンドへの投資は、その商品性やリスク等から、長期運用に適した資金により行っていただきますようお願いします。