ここから本文です。

必要証拠金

保有している建玉と注文に対して必要な拘束額です。取引余力やお預り金への振替可能額を計算する際に使用します。

必要証拠金は、SPAN®証拠金、当社が定めた掛け目、ネット・オプション価値総額、保有ポジションの原資産に対するリスク感応度(デルタ)に基づいて算出されます。
下記①を当てはめた額、②を当てはめた額のいずれか大きい金額です。

必要証拠金 = Max{SPAN®証拠金額(①、②)×当社が定めた掛け目 - ネット・オプション価値総額(①、②)}

  • SPAN®証拠金額(①、②):必要証拠金を最大にする{SPAN®に基き当社が計算する証拠金額(①、②)}

    ※SPAN証拠金額の算出は、株式会社 日本証券クリアリング機構の右記のウェブページを参照。SPAN®とは(外部サイトを開きます。)

    • ①:先物売建玉・注文、コールオプション売建玉・注文、プットオプション買建玉・注文で構成する数量
    • ②:先物買建玉・注文、コールオプション買建玉・注文、プットオプション売建玉・注文で構成する数量
  • 当社が定めた掛け目:指数の変動状況などを考慮の上、証拠金額に対する掛け目は当社の任意で変更することがあります。
  • ネット・オプション価値総額(①、②):買オプション価値総額、または売オプション価値総額の内、必要証拠金を最大化する組み合わせ
    ネットオプション価値総額(①、②) = 必要証拠金を最大にする{∑[①※先物売建玉・注文の数量除く×各商品の清算値]、∑[②※先物買建玉・注文の数量を除く×各商品の清算値]}

余力照会・証拠金振替ヘルプ