ライフスタイルで見えてくる投資スタイル 投資スタイルチェック

資産運用にチャレンジしようと思ったら、
今度はどんなファンドがあるのか見てみましょう。

投資信託ファンド紹介

実際に投資信託にチャレンジしてみようかなって思ったら、今度はどんなファンドがあるのか見てみましょう。

投資信託のメリットについて

少ない金額から購入できます。

投資信託は複数の人のお金を集めて、株や債券などに投資を行います。
ほとんどの投資信託は10,000円から購入することが可能です。一部の投資信託や毎月の投信積立ならなんと1,000円から。 株式や債券を購入するときはある程度まとまった金額が必要ですが、投資信託なら手軽に始めることができます。投資デビューのハードルが一気に下がりますね。

プロが運用

集めたお金は、「ファンドマネージャー」とよばれる投資の専門家が運用を行います。「ファンドマネージャー」は、良い運用成績を上げるため、情報収集を行い、投資先を決定しています。また、自分ではなかなか投資できない国や地域であっても、専門家による運用を通じて投資ができるということも魅力のひとつです。

いろいろな種類があります。ひとつのファンドで世界中に分散投資できるものも。

投資対象や運用の方針などはファンドによってさまざまです。比較的値動きの少ないリスクを抑えたファンドや、高いリスクをとって積極的にリターンを狙うファンド、また、世界のさまざまな資産に分散投資できるファンドなど、いろいろな種類があります。
運用する資金の性格にあわせて、適切にファンドを選びましょう。

リスクとリターンについて

投資を行うことで得られる収益が「リターン」、結果の不確実さ、つまり振れ幅が「リスク」です。リスクの大きさはこの価格の変動幅の大きさで、変動幅の大きいものを「リスクが大きい」といいます。このリスクとリターンは表裏一体で、「リスクが大きいほどリターンも大きい(ハイリスク・ハイリターン)」「リスクが小さいほどリターンも小さい(ローリスク・ローリターン)」傾向があります。つまり大きなリターンを求めると大きなリスクの覚悟、つまり大きな損失の可能性への覚悟が必要になります。 自身の投資スタイルやリスクの許容度に合わせて、自分に合ったファンドを選びましょう。

投資信託のコストについて

投資家が負担する投資信託における主な費用は、以下3つがあります。

購入時手数料:
投資信託を購入する際に必要な手数料。 最近はこの購入時手数料がかからない「ノーロード」のファンドも増えています。 販売会社によって異なります。

信託報酬など:
投資信託を運用するためにかかる費用。同じファンドなら、どの金融機関で購入しても費用は同じです。

信託財産留保額:
信託(保有)期間の途中に解約(売却)した場合等に徴収される(支払う)金額のこと。ファンドによってかからないものもあります。

ファンドにかかる費用の詳細は、投資信託説明書(交付目論見書)等で確認することができます。

マネックスポイントでさらにお得に

投資信託の購入や保有に応じて、人気のポイントサービスやさまざまな特典に交換できるマネックスポイントがたまります。
資産形成しながらマネックスポイントをためて、お買い物や旅行にお得に使いましょう。
さらにマネックスセゾンカードならポイント付与率がアップ!

低コストで人気

インデックスファンド

きっと興味あり:
トレンド・ピッカー
インデックス・ラバーズ

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIXなどのベンチマークと呼ばれる指標(インデックス)と同じ値動きをするように運用される投資信託です。運用成果のわかりやすさから、投資初心者の方にも人気があります。 一方で、ベンチマークとなるインデックスは、資産別(株式、債券、不動産等)、国別(先進国、新興国、日本や米国など個別の国)、通貨別(日本円、米ドル等)といったさまざまな種類があり、そのインデックスを組み合わせることで資産を分散し、自分の目的にあったポートフォリオ(組み合わせ)を作ることができるため、投資経験者にも広く活用されています。また、運用コストが比較的割安なのも特徴のひとつ。最近では「ノーロード」と呼ばれる購入時の申込手数料が無料のものも多く設定されています。 こつこつ時間をかけて資産形成する投信積立にもぴったりのファンドです。

積極派向け

ブル・ベア型ファンド

きっと興味あり:
オムニバス・インベスター

「ブル」は雄牛が角を突き出すイメージから強気、「ベア」は熊が背を丸めるイメージから弱気の意味を表し、相場の先行きの強気・弱気を表現する際に使用されます。ブルベア型ファンドとは、相場が上昇すると思うときは「ブル」、下落しそうだと思うときは「ベア」に投資して、利益を狙うファンドです。ファンドによっては日々の市場の動きの2倍や3倍を目指すように運用されるものもあり、市場の値動きより大きな利益を狙える一方、損失の可能性も大きくなります。特徴として、一方的な上昇相場や下降相場では予想が当たれば大きなリターンが狙える一方、上げ下げを繰り返すいわゆるもみあい状態(レンジ相場)が続いた場合には、保有期間が長くなるほど基準価額が下がる傾向にあります。長期投資ではなく、日々値動きをチェックし機動的に売買を行うことが理想といえます。

注目を浴びている

話題のテーマ型ファンド

きっと興味あり:
トレンド・ピッカー

世の中で話題となっているテーマに着目し、そのテーマに関連した銘柄に重点的に投資するファンドをいいます。エネルギー関連企業に投資する資源ファンドやインターネット企業などに投資するITファンドなどがありますが、ここ最近はロボティクスやセキュリティ、ヘルスケア等をテーマにしたものも多く設定されています。その時の話題や流行にテーマを絞ることによって市場の平均以上のリターンが期待できますが、一方で注目されても業績が伸びなかったり、そもそものトレンドが変わってしまうなど、運用成績が思ったより振るわないといったことも起こりえます。流行っているからといって安易に飛びつくのではなく、長期的にそのトレンドが存続するのか、それがファンドに収益をもたらすのかを、よく考えたうえで検討しましょう。

マネックスが独自の基準で厳選!

セレクトファンド

きっと興味あり:
トレンド・ピッカー
こだわりの匠フリーク

マネックスでお取り扱いしている約900本の投資信託の中から、独自の分析により厳選したファンドです。同一分類内のファンド間での比較で、相対的に優れたパフォーマンスを上げているファンドを選定する定量評価と、運用会社の運用哲学や運用体制、コスト水準等を評価対象とする定性評価を行い、資産クラス別にご紹介しています。

毎月こつこつ

積立できるファンド

きっと興味あり:
インデックス・ラバーズ
こだわりの匠フリーク

まとまった資金が手元になくても、マネックス証券の投信積立なら月々1,000円から始められます。 投資を始めるにあたって買付タイミングに悩んでしまう人は少なくありませんが、投信積立なら、申込の際に「金額」と「買付日」が決められるので、日々の値上がり、値下がりに右往左往することなく投資できます。また、一定金額を毎月購入することで、価格の安いときにたくさんの数量を、高いときには少しの数量を購入することになり、同じ数量を毎月購入した時と比べて平均購入金額を低く抑える効果が期待できるといわれています。マネックス証券の投信積立は、普段お使いの銀行口座からの自動引き落としにも対応、これから投資を始める人も、無理なく続けられそうですね。

ベスト10

投資信託ランキング

きっと興味あり:
トレンド・ピッカー
オムニバス・インベスター

マネックス証券における各種ランキングベスト10を集めました。売れ筋を見るか、利回りを見るか、値上がりを見るか、あなたの気になるところからチェックしてみてください。もちろんそれぞれのファンドの情報をきちんと見ることも忘れずに。

ファンドの殿堂

ファンド・オブ・ザ・イヤー2016受賞ファンド

きっと興味あり:
トレンド・ピッカー
こだわりの匠フリーク

「投資信託の評価機関」であるモーニングスター社が、毎年優れた運用実績とマネジメントを持つファンドを選考し表彰する「Morningstar Award(モーニングスターアワード)」。2016年の受賞ファンドのうち、マネックス取り扱いファンド15本についてご紹介しています。