ライフスタイルで見えてくる投資スタイル 投資スタイルチェック

投資と投信の用語集

投資信託

投資信託(ファンドとも呼ぶ)とは、投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、ファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が株式や債券などに投資し、その運用の成果として生じた利益を投資した人に投資額に応じて分配するしくみの金融商品です。集めた資金の運用方法は投資信託毎の運用方針に基づいて専門家が行います。 投資信託は少額から投資ができ、また専門家に任せることができる点がメリットとしてあげられます。また、一つのある銘柄に投資するのとは異なり、複数の性質の違う資産の銘柄に分散して投資ができるため、リスクの分散を図ることもできます。投資信託の運用成績は、市場環境の影響を受けます。運用成績が好調で高いリターンを見込めることもあれば、運用がうまくいかずに投資した額を下回って損をする場合もあります。

ブル・ベア型投信

ブルベア型ファンドとは、相場が上昇すると思うときは「ブル」、下落しそうだと思うときは「ベア」に投資して、利益を狙うファンドです。ファンドによっては日々の市場の動きの2倍や3倍を目指すように運用されるものもあり、市場の値動きより大きな利益を狙える一方、損失の可能性も大きくなります。

バランス型投信

複数の資産クラスを保有することで分散効果が期待される投資信託です。資産を分散することで、ファンドの価格が大きく変動するリスクを減らすことができます。

テーマ型投信

特定の領域(株価指標、M&Aなどのビジネス事案、環境、事業領域など)に絞り込まれたテーマに沿って投資を行うファンドをいいます。

インデックスファンド

特定の指標(ベンチマーク)に沿った値動きをする運用を目指す投資信託です。ベンチマークは日経平均株価やTOPIXなど、いわゆる株価指数などが使われます。運用コストが比較的に安いのも特徴のひとつです。

アクティブファンド

ベンチマークや市場平均等、あらかじめ決めた目標を上回るためにファンドマネージャーが情報収集を行い、投資先を独自に決定して運用する投資信託です。

ファンドマネージャー

金融資産運用の専門家で、ファンド運用の担当者です。投資信託会社や投資顧問会社、信託銀行等に属し、投資家から集めた資金を運用します。

基準価額

投資信託の値段のことです。例えば、運用を開始する時点で1口1円で購入できた投資信託は、運用を開始すると、1口の値段が運用の成果によって、変動していきます。なお、普段新聞等で目にする基準価額は、分配金(税引前)を払出した後の価額です。分配金は、ファンドの中から支払われるため、払い出した分、基準価額は下がります。そのファンドの大まかな運用成果を知りたい場合は、分配金込みの基準価額の値動きを調べましょう。

分配金

投資信託の分配金とは、投資信託の「分配可能原資」と呼ばれる資金の中から、決算の後に投資家に支払われる金額のことです。投資信託は投資家から集めたお金を株式や債券に投資しますが、その株式配当金や債券の利子収入、それらを売買することで出る売買益が「分配原資」となります。そのため、運用成績によって支払われないこともあります。分配金には課税される分配金(普通分配金)と課税されない分配金(特別分配金)があります。課税されるかどうかは、決算日の基準価額が個別元本(投資家それぞれに算出される平均取得価額)を上回るか下回るかで決まります。

投資信託説明書(交付目論見書)

購入しようとしている投資信託ついて投資判断に必要な重要事項を説明した書類のことで、投資信託を購入する前に必ず投資家に渡されます。投資信託の目的や特色、リスク、運用実績、手数料など重要な事項が記載されていますので、購入の前に必ず目を通しましょう。

資産クラス

投資対象を、株や債券など商品の分類と、国や地域などで分けたものです。資産クラスを上手に分散することでリスクを抑えた運用が可能になります。

ポートフォリオ

保有している金融商品の組み合わせ、まとまりのことを言います。「ポートフォリオを組む」とはどういった配分の資産クラスを保有するのかを検討し、具体的な株式や投資信託などの商品を検討に基づいて決定することです。

リスク

金融商品における「リスク」とは、価格の変動幅を言います。つまり投資信託におけるリスクとは、基準価額の変動幅のことを言い、期待されるリターンによってその幅は異なってきます。一般にリスクが高いとリターンも高く、リスクが低いとリターンも低くなります。