ペーパーレス

若手社員の脱力系コラム。脳天気キャラのトホホな日常にあなたも失笑!?とりあえず毎回の「追伸」だけは必見。(毎営業日更新)

ペーパーレス

こんばんは。本を読むのは電子書籍端末、メモをとるのは電子メモパッド。身の回りのものを次々とデジタル化、ペーパーレス化してます、ぼすみんです。
さて、紙資源の節約を促すペーパーレス化は環境にもやさしいと言われてますが、だからと言って何でもかんでもペーパーレスでは困ります。先日、中南米のベネズエラからこんなニュースが。
『トイレットペーパー不足のベネズエラ、工場を政府管理下に』。

日本でもオイルショック時の1973年、トイレットペーパーを求める主婦が長蛇の列を作ったと聞きますが、現在のベネズエラも深刻なトイレットペーパーレス!

どうもベネズエラでは恒常的にトイレットペーパーが不足しているらしく、政府は企業による売り惜しみを防ぐため、工場を一時的に管理下に置くことを宣言。これに対し企業側は、政府によるこれまでの価格統制こそが元凶で、生産者の多くが採算のとれない状況になってることが品不足の原因と反論。政府の無謀な介入が健全な自由競争を阻害、産業に打撃を与え、結果として国民の首を締める話は歴史上よく聞きますが、はてさて。

日本では外出先で急に用を足したくなった人のため、最寄りのトイレを教えてくれるスマートフォンアプリが人気のようですが、所変われば需要も変わる。前述のベネズエラではどの店でトイレットペーパーを売っているか検索できるアプリが今年6月に登場、人気を博している模様。お金さえ払えば、なんでも当たり前に買い物ができる日本のありがたさが身に染みます、ハイ。

(追伸)
スマートフォンなら、マネックス。マネックス証券が自信をもってお届けするスマートフォンアプリのご案内はこちらです。
http://www.monex.co.jp/ServiceInformation/00000000/guest/G100/srv/srv16.htm

マネックスからのご留意事項

「思春期証券マンのマネックス日記」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム