意志

相場や金融についてはもちろん、大切な旧友のこと、大好きなお寿司のこと、嬉しかったこと、切ないこと、腹の立つこと、未来への希望、、、マネックス 松本大(まつもとおおき)がジャンルを問わず綴ります。(毎営業日更新)

意志

アメリカ軍が、巡航ミサイル・トマホークを59発、地中海上の艦隊から、シリアのアサド政権の軍事基地に撃ち込んだとのこと。先日のアサド政権軍による化学兵器使用に対する措置ですが、タイミング的には或る意味ドンピシャリです。
シリアに対する措置は、国連が動かないならアメリカ単独で動く可能性がある、とトランプ政権は云ってきました。アサド政権は超えてはならないラインを何度も超えたとも、トランプは云ってました。そしてロシアとの関係悪化の可能性を睨みながらも、トランプ政権は本件を実施しました。時を同じくして、トランプと習近平の会談が始まり、トランプ政権は北朝鮮に対しても、アメリカ単独で動く可能性を明言し、北朝鮮は超えてはならない一線を超えているというようなことも指摘しています。

そしてもしアメリカが行動を起こすなら、一番気になる相手は中国。そこでこの軍事行動。トマホークを撃つ前に、ロシアへは事前通告したと云ってます。しかも習近平がトランプと会っているのは、米国内、しかもトランプ所有の別荘でです。トランプのホーム、習近平のアウェイ。この一連の流れを見ると、トランプとその政権の巧さが見えます。

一方、マーケットは深くて面白いもので、トマホークを撃つ前は不安がありますが、いざ撃ってしまうと、一旦不安が膨れたあとに、すーぅっと不安は遠のいていき、逆に安定していきました。当然、上に書いたような流れを認識しながらの中の動きですが、なべて人の心理とは深くて面白いものです。セル・ザ・ルーマー、
バイ・ザ・ファクトと昔から云いますが、何かが明るみに出たり、何かを実行に移す前と後とで、心理状態にとても大きな差が出ます。

この流れは、人生の中で何度も何度も経験してきていても、あたかも毎回が初体験のように、同じような心理の反応を示しがちです。心理、気持ちと云うのは、或る意味で斯くもやわいものだとも思います。だからこそ、意志が大切だと、私は思うのです。人を人たらしめているもの、それは意志だと思います。

いずれにしろ、米雇用統計発表、トランプ・習近平会談、一週間後には金日成の誕生日。気になるイベントが目白押しです。しっかりと意志を持ちながら、広く、
そして冷静に、様々なことを見ていきたいと思います。

マネックスからのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム