脳の回転

相場や金融についてはもちろん、大切な旧友のこと、大好きなお寿司のこと、嬉しかったこと、切ないこと、腹の立つこと、未来への希望、、、マネックス 松本大(まつもとおおき)がジャンルを問わず綴ります。(毎営業日更新)

脳の回転

前にも書いたことがあるかも知れませんが、脳の回転、考えることの方向性には惰性が付くと云うか、慣性モーメント、正しくはイナーシャが付いて、中々違う類いのことが考えられなくなることがあります。何かに没頭することは、周りが見えなくなるという悪い点もありますが、基本的にはその対象に対する思考や感性がどんどん研ぎ澄まされて、回転数が上がっていき、出力が上がるように私は感じます。そしてそのフリップサイドが、一旦イナーシャが付いた後に違う類いのことを考えようとすると、脳がそのことを普通に認識して回転を始めるのに、案外かなり長い時間を要するように私には思えるのです。

この切り替え中の時間は、自分の脳の生産性が大きく落ちるように感じます。そんなことが実は今日もありました。どうしたらいいのでしょうね?この問題にはずいぶん昔から悩まされているのですが、未だにいい方法が見つかりません。困ったもんだ。唯一云えそうなことは、中々回転数が上がらないと思って切り替えの方法に悩むよりも、回転数が上がらなくてもその新しく取り組むべきことに脳を使用し、慣性の方向を脳自ら変えて行かせる方が、まだマシなように思えます。

はぁ。このつぶやきの切れが悪い時は、そんな悩みを抱えている時なのです。まだまだ修行が足りません。鍛錬します。

マネックスからのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム