シンガポールにて

相場や金融についてはもちろん、大切な旧友のこと、大好きなお寿司のこと、嬉しかったこと、切ないこと、腹の立つこと、未来への希望、、、マネックス 松本大(まつもとおおき)がジャンルを問わず綴ります。(毎営業日更新)

シンガポールにて

シンガポールの中国化が更に進んでいるように見えます。つぶやきを読み返すと、
7年前にもそう感じたようですが、今はもうレベルが違います。香港同様、かつてのイギリスの影響を感じる部分は大きく減って、シンセンなんかと同じようなノリです。それだけ中国というマーケットが色々な側面で巨大で、そこにどう取り入るかが大きなテーマなのでしょう。

そのような環境下で、日本はどうするのでしょう?「今」だけでなくて、20年後の中国の一人あたりGDPや国全体のGDP、そしてアメリカのそれを考えると、その二国の間に挟まれた日本の立ち位置はどうなるのか?無視できない現実がそこにはあるでしょう。私は政治は興味がありませんが、そもそもそんなことを日本人が云ってられるのも、そう長くは続かないのかも知れません。

さてシンガポールに於けるFINTECH FESTIVALで一番興味深かったのは、シンガポール政府が主導しているフィンテックを活用した具体的に個人の利便性を高めるサービスや具体的に銀行の決済のリスクを下げる取り組みのプロジェクトの内容と、その体制と進め方でした。以前から云われていることではありますが、政府が民間と一緒になって国の競争力を高めようとするその姿勢と決意に、今更ながら感心しました。日本は大き過ぎて豊か過ぎて、中々そこまで出来ません。これも上に書いたのと同じように、今だけでなく20年後を考えると、いつまでも今のやり方は続けられないのではないでしょうか。

シンガポールはシムシティやゴッサムシティのような所です。それ故に、考えさせられることも多くあります。明日は北京に移動するので、また様々な点に気付くことでしょう。では!

マネックスからのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム