10兆ドル

相場や金融についてはもちろん、大切な旧友のこと、大好きなお寿司のこと、嬉しかったこと、切ないこと、腹の立つこと、未来への希望、、、マネックス 松本大(まつもとおおき)がジャンルを問わず綴ります。(毎営業日更新)

10兆ドル

今、私の目の前に、10兆ドルの紙幣があります。おもちゃではありません。実際に2008年にジンバブエで発行された、法廷紙幣である、TEN TRILLION DOLLARS紙幣です。

ジンバブエのムガベ大統領は37年間独裁を続け、その間にやりたい放題をしました。極端な外資冷遇政策等もあり、その通貨は暴落に暴落を重ね、ウルトラハイパーインフレとなり、最高で100兆ドル紙幣まで出しました。私の持ってるのは残念ながらそれより一桁小さい10兆ドル紙幣なのですが、それでもかなり希少です。何が希少かというと、ハイパーインフレになって通貨が暴落した小さい国は他にもありますが、通常はこのような高額紙幣は発行しないのです。正に分単位でインフレが進んでいくので、紙幣を発行する意味があまりないのです。然しながらジンバブエでは、おそらくムガベが紙幣印刷会社(ドイツでしょうか?)との間で私利を肥やすために、世界史上例外的にこのようなウルトラ高額紙幣が発行されることになったのです。

そのムガベが、遂に辞職するとのこと。10兆ドル紙幣は、愚かな独裁者がどこまで国をダメにするかを教えてくれます。そしてそのような愚行を止めないことが、
どれだけ大きな代償になるかを教えてくれます。本当に辞めきるまで、要注目ですね!

マネックスからのご留意事項

「マネックス 松本大のつぶやき」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム