「運用は謙虚なビジネス」

シブサワ・アンド・カンパニー渋澤健が綴る「オルタナティブ投資」の世界。「オルタナティブ投資」が目指す絶対的収益の根源とは?(現在は更新しておりません)

「運用は謙虚なビジネス」

 知人がある記事を紹介してくれました。その記事の著者は、老舗の某米国運用会社の幹部とお会いしたときに、「我々は謙虚なビジネスである」という彼らの考えに感動を覚えたと指摘されています。

 確かに、そのとおりです。運用会社は、投資家から大事なお金をお預かりし、代わりにその資産を運用し、成果を上げることが仕事である究極なサービス業であります。サービス業である以上、傲慢な態度は禁物であるはずです。
 しかし、ファンド・マネジャーたちは、所詮、人間です。良い運用実績が積み上がると、自分自身の才能は優れていると信じ込んでしまうワナに陥る場合は充分あります。周辺やマスコミからは「カリスマ」あるいは「伝説的」とおだてられ、場合によっては新興宗教の宗師に近い状態になってしまう場合もあります。

 この誇り高い運用の成果をあげられたのは、自分の優れた分析、相場観や行動力の功績だけであると信じ込んでしまい、そもそも誰のお金のお陰でこのような大きな仕事ができている現実を忘れてしまいます。

 ファンド・マネジャーは、本当の意味では「価値創造」の源ではありません。価値創造の源は、ひとつひとつの投資先の企業の収益であり、そして、その企業が収益をあげることができるのは社会全体の存在です。企業価値が、株式という代用を通じて株価に反映されるから、ファンド・マネジャーは収益をあげることができるわけです。つまり、色々な人の手を借りて創造された価値のかけらを頂戴しているわけです。ありがたいビジネスではありませんか。

 ただ、果たしてどれくらいのファンド・マネジャーが自分たちの仕事は、サービス業であるという自覚をしっかりと持っているのでしょうか。果たしてどれくらいのマネジャーが、自分は他の人のお金を活用し、他の人たちが作った本質的価値を頂戴できる、極めてありがたい仕事ができていると思っているのでしょうか。

 謙虚さは理屈ではなくて、心構えです。フィー・ビジネスで稼ぐ仕事でもっとも大切なことは誠実さではないでしょうか。このようなサービス業の根底をファンド・マネジャーは忘れてはならないと感じる今日です。

 2005年1月に始めた本コラム「ランダム・トーク」は、今回の62回目を持ちまして最終回を迎えます。読者の皆様、永らくお付き合いをいただき、誠にありがとうございました。月二回発信の「オルタナティブ・メール」では引き続きコラム「オルタナティブ・トレンド」を通じてお会いできますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

マネックスからのご留意事項

「オルタナティブのランダム・トーク」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム