第2回「5分で出来る!「ふるさと納税」 厳選「お礼の品」もご紹介」

マネックスメール編集部企画の特集コラムをお届けします。

第2回「5分で出来る!「ふるさと納税」 厳選「お礼の品」もご紹介」

今回は、いよいよ「ふるさと納税」の実際のお申し込み方法について、分かりやすくご紹介させていただきます。また、ふるさとチョイススタッフが厳選した「お礼の品」についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

■5分で出来る!「ふるさと納税」
「ふるさと納税」の寄附お申し込みから控除の手続きまでの流れは、簡単に纏めると下記の通りです。

▼確定申告をする方の場合
1,お礼の品を選び、ふるさとチョイス上から寄附を申し込む(最短2~3分)2,後日、お礼の品が届く
3,別途郵送で届く「寄附金受領証明書」を、確定申告まで保管する
4,確定申告時に寄附金受領書を提出

これだけ...??と思った方も多いかも知れませんね。単純な事務手続きは、「ふるさとチョイスから寄附を申し込む」、「寄附金受領書を保管する」、「確定申告時に提出する」の、ざっくり3点のみで完了です。

※より詳しい解説が知りたい方は、ふるさとチョイスのサイト内をご覧ください。
https://goo.gl/DjUhSM

■確定申告ナシでも寄附出来る!「ワンストップ特例制度」
確定申告をする予定がない場合、「ふるさと納税のために確定申告をするのは面倒...」と感じるかと思います。そんな方は、「ワンストップ特例制度」を利用すれば、その年の寄附先が5自治体までの場合、確定申告を行わなくても「ふるさと納税」の寄附金控除を受けられる事をご存じでしょうか?

▼確定申告をしない方の場合(ワンストップ特例制度利用)
1,お礼の品を選び、サイト上から寄附を申し込む(最短2~3分)
※その際、「申請書の要望」という選択肢にチェックを入れる
2,後日、お礼の品が届く
3,別途郵送で届く「申請書」を受け取り、必要事項を記載し自治体に返送する※個人番号確認及び本人確認資料の添付が必要なので、ご注意ください。
※2017年分の申請用紙の郵送は2018年1月10日必着です
※ワンストップ特例制度適用の条件など、詳しくはこちらのページをご覧ください。
https://goo.gl/brguzU

確定申告をする予定のない方は、ぜひ「ワンストップ特例制度」を使って「ふるさと納税」にチャレンジしてみてください!

■ふるさとチョイススタッフが選ぶ!初心者にもオススメの1万円お礼の品
「どこに寄附すればいいか、イマイチ決め手がない...」そんな方の為に、初めての寄附でも満足できる、定番のお礼の品を集めた特集をご用意しました。全て1万円の寄附で頂ける品なので、迷ったら是非こちらからお試しください!

★初めてでも安心 -お手頃なお礼の品特集-
https://goo.gl/Q5nM4V

またふるさとチョイスには、他では手に入らない「チョイス限定」のお礼の品も多数掲載されています。こちらも併せてご覧ください。

★選りすぐりの「チョイス限定」特集
https://goo.gl/7oAu1N

次回は、「ふるさと納税」の大きな魅力の一つ、「寄附金の使い道」についてご紹介します。全国各地では、「ふるさと納税」の寄附金を原資に、様々な取り組みが行われています。魅力的な取組内容をピックアップしてご紹介しますので、ぜひご覧ください。

株式会社 トラストバンク マーケティング戦略室
室長 武内一矢

マネックスからのご留意事項

「特集1」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム