第135回「主要なアセットクラスを揃えた新規上場のETF」 ETF解体新書

マネックスメール編集部企画の特集コラムをお届けします。

第135回「主要なアセットクラスを揃えた新規上場のETF」 ETF解体新書

こんにちは。晋陽FPオフィス代表のカン・チュンドです。お金を長期で運用する際に、何より心掛けるのはリスク分散ではないでしょうか。異なる複数の資産を保有する、各資産について、国・地域をできるだけ広く捉える。昨年12月11日に国内市場に上場した6本のETFは、ポートフォリオ運用を行う際、基本のアセットクラスと認識されるものばかりです。6本のETFはいずれも「NEXT FUNDSシリーズ」となります(NEXT FUNDSとは、野村アセットマネジメントが運用を行うETFのブランド名です)。具体的なアセットは、国内債券、外国債券、外国株式、外国REITとなります(外国債券と外国株式については、為替ヘッジありとヘッジなしの両方あり)。

・外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジなし)連動型上場投信(2513)

・外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信(2514)

・外国債券・シティ世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信(2511)

・外国債券・シティ世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジあり)連動型上場投信(2512)

・外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信(2515)

・国内債券・NOMURA-BPI総合連動型上場投信(2510)

まず特筆すべきは、本邦初となる国内債券ETFでしょう。当該ETF(2510)は「NOMURAボンド・パフォーマンス・インデックス」(NOMURA-BPI総合)との連動を目指します。同指数は10月末時点で国債が約8割、残りは地方債、政府保証債、金融・事業債などで構成されています。超低金利のため、同ETFからの期待リターンはきわめて低いものの、国内債券というアセットが揃うことで、年金基金などの資金流入も期待できるかもしれません。また、国内債券はポートフォリオにおいて、暴落が起きた際に資産を守る「防波堤」の役割を担います。

次に、外国REIT(先進国REIT)を網羅するETFも初めての上場となります。このETF(2515)と「東証REIT指数連動型上場投信」(1343)をあわせて保有すれば、計16ヵ国のREIT市場に広く投資が行なえます。外国債券(先進国債券)については、既存のETF「上場インデックスファンド海外債券(Citi WGBI)毎月分配型」(1677)がありますが、売買単価が高いのが難点でした。また、外国株式(先進国株式)をはじめ、今回上場する6本のETFはいずれも信託報酬が0.1%台であり、ETF銘柄群の中でも極めて低いコスト体系となっています(国内債券ETF(2510)については、新発10年物国債の利回りが1.0%未満の場合、年0.0756%(税込)となります)。国内の証券取引所で、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内REIT、先進国REITという、基本アセットクラスのラインナップが揃ったことは重要であり、投資家は高度な分散を施した資産配分をETFのみで構築できることになります。

コラム執筆:カン・チュンド

晋陽FPオフィス代表
2000年にFP事務所を開業以来、資産運用に特化したセミナー、コンサルティング業務を手がける。

マネックスからのご留意事項

「特集1」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム