特集2

マネックスメール編集部企画の特集コラムをお届けします。

第250回 北京での喫煙規制は徐々に浸透 【北京駐在員事務所から】

中国では、特に男性の間で喫煙習慣が根付いており、数年前までは、例えば友人同士の歓談の際に煙草を勧めあったり、また企業の応接室にも煙草が置かれ...

第296回 「リスクオフでも下がらぬドル円相場?!」

これまでのトレンドが崩れ、マーケットは逆回転を始めたようです。米国ダウ平均は2月2日金曜に666ドルもの大幅安。これまでじりじりと円高基調を...

第119回 「着物」を読み解く 【市場のテーマを再訪する。アナリストが読み解くテ...

みなさん、こんにちは。『今どき株で儲けるヤツは、「業種別投資法」を使っている』著者の長谷部翔太郎です。先週の株式市場は、それまでの好調とは打...

第249回 都市戸籍の付与に関する制限が緩和される方向に 【北京駐在員事務所から...

日本では、憲法第22条により、居住と移転の自由が認められており、例えば都市計画法上の市街化調整区域に住宅を建設するなど、法律に抵触する行為等...

第295回 マーケットのアノマリーから為替を読む【大橋ひろこのなるほど!わかる!...

前回はアップルはじめ米国企業が「HIA2:本国投資法第2弾」によって海外資産を米国に還流する「レパトリエーション」が為替市場にもたらす影響に...

第118回 「親子上場」を読み解く 【市場のテーマを再訪する。アナリストが読み解...

みなさん、こんにちは。『今どき株で儲けるヤツは、「業種別投資法」を使っている』著者の長谷部翔太郎です。先週は東京の大雪に群馬の草津白根山噴火...

第248回 外国人旅行客向けの「ビザ無し滞在制度」を大幅に拡充 【北京駐在員事務...

日本人が中国に入国する場合、チベットなど一部地域を除いて、観光や商用等を目的とする短期(15日間以内)の滞在であれば入国ビザは不要です。 こ...

第294回 2018年はドル安の1年?!ドル高期待は実らぬ可能性【大橋ひろこのな...

2018年は利上げから3年目に入る米金融政策より、新味のあるECBや日銀の金融政策の引き締めに焦点がシフトすることから「ドル安の1年」となり...

第247回 火災防止のため建物に関する規制を強化 【北京駐在員事務所から】

昨年末に、韓国やフィリピンで相次ぎ大きな火災が発生し、多数の犠牲者が出る事態となりましたが、中国でも住宅や商業施設などでの火災は頻繁に発生し...

第293回 2018年はドル安の1年か~ドル独歩安の裏に日銀の影響も?!【大橋ひ...

ドル安が顕著となってきました。円やユーロ、ポンドやカナダドルなどの主要通貨に対しての米ドルの総合的な価値を指数化した「ドルインデックス(ニュ...

第117回 「インフレーション」を読み解く 【市場のテーマを再訪する。アナリスト...

みなさん、こんにちは。『今どき株で儲けるヤツは、「業種別投資法」を使っている』著者の長谷部翔太郎です。新年あけましておめでとうございます。新...

第8回 フェアな資産運用、3つの要素〜その3【野水瑛介が目指す「資産運用のあたり...

昨年9月より連載開始したこのコラムも早いものでついに最終回を迎えました。最終回では、フェアな資産運用サービスに必要な3つの要素のうち、最後の...

第246回 レンタサイクルのサービスは早くも正念場か? 【北京駐在員事務所から】

新年おめでとうございます。 今年も、北京より中国の最新の動向について、いろいろとご報告申し上げたく思っております。 どうぞよろしくお願いいた...

第292回 2018年はクロス円通貨に注目【大橋ひろこのなるほど!わかる!初めて...

2018年、株式市場大発会。日経平均株価は一気に23,000円の大台を突破し大幅上昇スタート。米国株も史上最高値更新を続けており、出遅れてい...

第245回 AIIBが北京市での都市ガス普及のため融資を実施 【北京駐在員事務所...

中国が主導し、2015年に鳴り物入りで設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)ですが、運営に透明性を欠いている、あるいは融資実績がなかな...

第291回 大手金融機関の予想に振り回されるな【大橋ひろこのなるほど!わかる!初...

12月から年明けにかけては大手金融機関が1年のマーケット予想を公表し話題となります。ゴールドマン・サックスは今後数カ月の為替見通しでユーロ/...

第7回 フェアな資産運用、3つの要素〜その2【野水瑛介が目指す「資産運用のあたり...

全8回シリーズのこのコラム(「野水瑛介が考える資産運用のあたりまえ」)も残すところあと2回となりました。シリーズ全体を通して、今後の資産運用...

第244回 大手ピアノメーカーの海外進出 【北京駐在員事務所から】

11月22日付の 本コラム(第240回)にて、中国の都市部で子供の習い事がブームになっていることをご報告しました。 スポーツ、芸術や外国語な...

第290回 NZドルの逆襲、巻き返しどこまで【大橋ひろこのなるほど!わかる!初め...

大きな下落に見舞われていたNZドルが巻き返しに入っています。 9月23日のNZ総選挙で第3党となったNZファースト党は10月19日、第2党の...

第116回 「2018年の重大イベント」を読み解く 【市場のテーマを再訪する。ア...

みなさん、こんにちは。『今どき株で儲けるヤツは、「業種別投資法」を使っている』著者の長谷部翔太郎です。振り返ると、2017年は大きな波乱のな...

1件~20件(全746件)

マネックスからのご留意事項

「特集2」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム