相場一点喜怒哀楽

個人投資家の強い味方「トレーダーズ・ウェブ」を運営する(株)DZHフィナンシャルリサーチの日本株アナリスト、東野幸利の相場コラムです。(週1回更新)

第491回 「目先底入れの注目指標」

今週の日経平均は連日で年初来安値を更新しましたが、重要な下値のフシに到達した可能性が高いことや、底入れサインも少しずつ見えてきました。2/1...

第490回 今日の高値はあすの安値

ダウ平均と日経平均の当面の下値メドについてお話しします。筆者は、テクニカルアナリストなので、あくまでもチャート分析上でいえることを優先します...

第489回 ロケットの発射台を埋めるか?

国内企業の決算発表が本格化しており、業績への期待感が先行しやすいですが、どうも全般的にはそれどころではなさそう。円高が押し目買い心理を遠ざけ...

第488回 アメリカの株と金利

米国市場ではダウ平均が26,000ドル台に乗せてきました。26,000ドル前後の水準というのは、チャート上では大きな節目となります。たとえば...

第487回 日経平均の逆さ吊り

ちょうど1年前、「 第441回 チャートに恋して」の中で、以下のチャート(図表1)をご案内いたしました。2017年1 月に日経CNBCで放送...

第486回 マザーズ快調、あとはハシラ探し

本年もよろしくお願いいたします。 さて、2018年の日経平均はロケットスタートとなりました。なんせ、昨年は1996年高値22,666円を上回...

第485回 黄色になりかけの信号

東京株式市場はこれからお正月休みに入るわけですが、年明け大発会の日本株のカギを握るのは、当然ながら休み中の海外市場の動向、といっても過言では...

第484回 上手くいけば5割高

日本株(日経平均)のさらなる本格上昇は2019年で、来年は上昇に備えた値固めの年だとみています。過去の動きを見ると、歴史的な高値を上回ったか...

第483回 何となく思う来年

12月はボーナスシーズンでもあり、年末調整などで還付金も発生します。それで投資を考えるとすれば、何に振り向けるか? 12/12付けの日本経済...

第482回 パターン分析の腕の見せどころ

前回のこのコラムでは、12/1発表の米11月ISM製造業景況指数がドル/円相場のポイントで、日経平均にも影響あり、とコメントしましたが、結果...

第481回 相場も少しは休まねば

東京市場はあすから12月相場入り。12月の大きなイベントは12月12日-13日に開催されるFOMC(連邦公開市場委員会)があります。ただ、F...

第480回 米感謝祭後はどうなる?

日経平均はSQ直前の11月9日、高値と安値の値幅が約860円となり、ちょうど1年前のトランプ波乱(昨年11月9日)以来の値動きの大きさとなり...

第479回 自動車株はこれを選ぶ

日経平均の上昇はいつまで続くの?と聞かれることがよくありましたが、「短期的には過熱感があるため、そろそろ頭打ち・・・」と言いながら、何日が経...

第478回 「フシ超えも連続高なら意味大」

日経平均の連騰記録は16日連続で途切れてしまいました。まさか、10月相場は負けなしで終わるのか?と思ったときもありましたが、そうは簡単にはい...

第477回 テクニシャンの集まり~ミラノ編

このコラムでIFTA(国際テクニカルアナリスト連盟)大会のお話をするのは、4年ぶりです。IFTA大会とは年に1度開催されるテクニカル分析の世...

第476回 下半期の米国発のリスク

筆者から皆様にお知らせがあります!非営利団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では、「テクニカル分析についてもっと学びたい」という読...

第475回 気になる今週の2つの話題

筆者から皆様にお知らせがあります!非営利団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では、「テクニカル分析についてもっと学びたい」という読...

第474回 需給改善でまずはひと安心

筆者から皆様にお知らせがあります! 私が所属している非営利団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では、「テクニカル分析についてもっと...

第473回 米国株上昇で次の物色は何か?

筆者から皆様にお知らせがあります! 私が所属している非営利団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では、「テクニカル分析についてもっと...

第472回 やっかいな押し目

最初に皆様にメッセージがあります! 私が所属している非営利の団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では「テクニカル分析についてもっと...

1件~20件(全491件)

マネックスからのご留意事項

「相場一点喜怒哀楽」では、マネックス証券でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。
マネックス証券でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。また、信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引・取引所株価指数証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。

商品ごとに手数料等及びリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」又は当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

マネックスメール登録・解除

連載中のコラム