マネックス証券

マネックス証券の現物取引(PC経由)と信用取引の手数料比較(取引ごと手数料)

信用取引とは? 信用取引とは?

ご自身の資金や株式などを担保にして、
買付に必要な資金や
売却に必要な株式を証券会社などから借り、
売買取引をすることです。

信用取引の魅力 信用取引の魅力

信用取引をするうえで知っておきたいポイント 信用取引をするうえで知っておきたいポイント

マネックス証券なら、信用取引もしっかりサポート

保証金率など、
現物取引にはない注意点もある信用取引。
マネックス証券には、お客様のそうした心配を
しっかりサポートするシステムがあります。

業界初

信用取引自動決済発注サービスみまもるくん

「みまもるくん」は、事前に設定された損切り決済率に達すると、お客様ご自身で決済しなくても、自動で決済注文が発注されるサービスです。

損切り決済率は、マイナス2%からマイナス20%まで、お客様のリスク許容度に応じて2%刻みで設定できます。信用取引の重要なポイントである損切りを自動で行うことができ、リスク管理がしやすくなるほか、万一留守中に株価が下落するような場合でも安心。もちろんご利用は無料です。

※信用取引の建玉を対象とした自動決済発注サービスは、国内金融機関でマネックス証券が初めて提供いたしました。
(2017年11月27日現在、マネックス証券調べ。)

損切り(ストップロス注文)のイメージ

  • 買いの場合
  • 売りの場合

さらに!!

お取引をサポートするマネックス証券のサービス お取引をサポートするマネックス証券のサービス

マネックス証券ではこの他にも、
お客様のお取引をサポートする、
高品質なサービスをご提供しています。

  • 新次元の日本株銘柄分析ツールマネックス銘柄スカウター

    「マネックス銘柄スカウター」は、これまでマネックス証券でご提供してきた「決算&業績予想」の機能をそのままに、「最長過去10年間の企業業績」、通常企業が決算短信等で発表しない「3ヶ月ごとに区切った業績」、「最長過去5年間のPERやPBRのグラフ表示」など、投資判断にダイレクトに結びつくさまざまな機能を新たに追加した新次元の日本株銘柄分析ツールです。

  • 高機能リアルタイムトレーディングツールマネックストレーダー

    マネックストレーダーは、初心者からアクティブ・トレーダーまで使える豊富な機能とスピーディな発注を追求できる注文画面を搭載した、株式取引、先物・オプション取引に対応するリアルタイムトレーディングツールです。

  • 多彩な注文方法と
    有効期間

    マネックス証券では、現物取引はもちろん、信用取引でもお客様のさまざまなニーズに対応した多彩な株式取引が可能です。
    さらに、当日中、当日前場のみ、当日後場のみ、今週中、今月中、最大30日※1で、任意の有効期間を自由に指定できます。約定しなかった場合に、同じ注文を毎日入力しなおす必要がなく便利です※2

  1. ※1 信用新規注文の有効期限は最大1週間、リバース注文は有効期限は当日です。
  2. ※2 期間を指定されたご注文でも一定の要件によって期間途中で注文の効力を失う場合があります。

今が始めどき! 信用取引デビュー応援! 信用取引手数料実質¥0

手数料ゼロで信用取引を始めよう!

マネックス証券では、
新たに信用取引口座を開設された方を対象に、
口座開設当日から起算して31日以内に
約定した信用取引での取引手数料(税別)を、
最大10万円までキャッシュバック。
信用取引デビューを応援します。

口座開設の流れ

ペーパーレス口座開設

  1. STEP1

    「申込フォーム」に必要事項を入力

  2. STEP2

    本人確認書類(運転免許証のみ可)・
    マイナンバー書類のアップロード

  3. STEP3

    マネックス証券より
    「口座開設通知」の受取り(郵送)

  4. STEP4

    ログイン、入金してお取引開始!

郵送による口座開設

  1. STEP1

    「申込フォーム」に必要事項を入力

  2. STEP2

    マネックス証券より
    「口座開設キット」郵送

  3. STEP3

    指定の必要書類一式の準備&返送

  4. STEP4

    マネックス証券より
    「口座開設通知」の受取り(郵送)

  5. STEP5

    ログイン、入金してお取引開始!

※氏名・住所は、本人確認書類と同一のものを入力してください。

信用取引手数料、
業界最安水準!
マネックスの信用取引
  • 最短3分で
    無料申込

  • 口座をお持ちの
    お客様はこちら

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
投資信託ならマネックス証券-ネット証券金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会