マネックス証券

信用取引

マネックス証券の信用取引手数料は、リーズナブル!しかも信用取引デビューされた方は取引手数料を10万円までキャッシュバック!さらに銘柄分析の強い味方「マネックス銘柄スカウター」を無料で提供!+αも充実したマネックス証券で、信用取引、はじめてみませんか。信用取引手数料は最低99円から。最大でも385円まで。
マネックス証券の信用取引手数料は、リーズナブル!しかも信用取引デビューされた方は取引手数料を10万円までキャッシュバック!さらに銘柄分析の強い味方「マネックス銘柄スカウター」を無料で提供!+αも充実したマネックス証券で、信用取引、はじめてみませんか。信用取引手数料は最低99円から。最大でも385円まで。

マネックス証券の信用取引手数料は格安!マネックス証券の信用取引は格安の手数料!コストを抑えたお取引が可能!マネックス証券の信用取引手数料は格安!マネックス証券の信用取引は格安の手数料!コストを抑えたお取引が可能!

信用取引の手数料比較 (主要ネット証券5社の取引ごと手数料)

約定金額 マネックス auカブコム SBI 楽天 松井
〜10万 99 99 99 99 なし
〜20万 148 148 148 148
〜50万 198 198 198 198
50万超 385 385 385 385

※ 1注文の約定代金に対する手数料(税込) 
2021年8月5日 マネックス証券調べ
※ 主要ネット証券とは、au カブコム証券、SBI 証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券を指します(松井証券は1回のお取引金額に応じた手数料体系はございません)。

さらに!マネックス証券ではじめる決め手の+α!

マネックス証券の信用取引ならではの「3つのお得」

日本株銘柄分析ツール「マネックス銘柄スカウター」をはじめ独自ツール&サービス日本株銘柄分析ツール「マネックス銘柄スカウター」をはじめ独自ツール&サービス

マネックス証券はココが違う!

独自の高機能ツールやサービスであなたの信用取引をサポートします。
今回ご紹介するツール・サービスは、いずれもマネックス証券に口座をお持ちなら無料でご利用いただけます!

  • 日本株銘柄分析最強ツール

    マネックス銘柄
    スカウター

    銘柄スカウターは、売上高や業績データ等、複雑な情報を見やすく集約・グラフ化しているので、分析が苦手な方でも気軽に企業分析が可能です。お客様のご意見を積極的に取り入れながら継続して機能追加を行っている、当社独自の銘柄分析ツールです。

  • 高機能リアルタイムトレーディングツール

    マネックストレーダー

    初心者からアクティブ・トレーダーまで使える豊富な機能とスピーディな発注を追求できる注文画面を搭載した、株式取引、先物・オプション取引に対応するリアルタイム・トレーディング・ツールです。さらに、場所を選ばず情報照会から発注まで行えるスマートフォン・iPad向けアプリ版もご用意しています。

  • 業界初!リスク管理がしやすい

    みまもるくん

    損切りのための決済注文が自動発注されるように設定可能なサービスです。本サービスをご利用いただくことで、信用取引で重要な損切りを機械的にかつ自動で行うことが可能になり、リスク管理がしやすくなります。

※信用取引の建玉を対象とした自動決済注文発注サービスは、2011年11月より国内金融機関でマネックス証券が初めて提供いたしました(マネックス証券調べ)。

口座開設の流れ

信用取引は、「証券総合取引口座」と「信用取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。
もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

STEP1証券総合取引口座の開設の流れ

(※マネックス証券の口座をお持ちでない方はこちらから)

オンライン口座開設なら書類の郵送は不要で、3ステップで申込みが完了します。

STEP2信用取引口座の開設の流れ

(※マネックス証券の口座をお持ちの方はこちらから)

個人のお客様は最短3営業日で信用取引口座の開設が完了します。

信用取引口座の開設には一定の審査がございます。
審査の結果によっては開設できない場合もございますのであらかじめご了承ください。

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額3,000万円以下のときは、最大921円(税込:1,013円)、約定金額3,000万円超のときは、973円(税込:1,070円)かかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が50万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大180円(税込:198円)が、約定金額50万円超のときは、成行・指値の区分なく最大350円(税込:385円)がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円(税込:2,750円)かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、買付時は無料です。売付時は約定金額に対し0.5%(税込:0.55%)(最低手数料48円(税込:52円))を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の売買手数料は、1注文の約定金額により異なり、2億円超の約定金額のとき最大手数料345,000円(税込:379,500円)かかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「IFAコースの手数料」をご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
画面トップへのリンク

マネックス証券

ようこそ! ここからはマネックス証券のサイトです。

直前にご覧いただいていたウェブサイトは、当社が作成したものではありません。
また、その掲載されている感想や評価は、あくまでウェブサイトの作成者が管理するもので、当社によるものではありません。

マネックス証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

close