サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

信用取引

追証が発生したらどうしたらいいの?

追加保証金(追証)とは、建玉の評価損や保証金代用証券の値下がりなどにより、保証金維持率が25%を下回った場合に、追加でご入金いただく保証金です。追証が発生した場合、所定の期日までに、保証金維持率30%を回復していただく必要があります。

追証が発生した場合

建玉を継続して保有するためには、入金期日までに、追証金額を入金するなどして、保証金維持率を30%まで回復する必要があります。

ご入金期日までに追証が解消しない場合には、入金期日の翌営業日に全建玉を返済させていただきますので十分ご注意ください。

追加保証金(追証)が発生すると信用余力画面に「追証 発生連絡」が表示されますので、表示されている入金期日や追証金額をご確認ください。

なお、追証の発生条件や解消方法によって、信用余力画面の「追証 発生連絡」に表示される『状況』の表示が下記のようになります。

条件 保証金維持率が25%を下回った場合 保証金維持率が20%を下回った場合 保証金額が30万円を下回った場合
入金期日 翌々営業日 翌営業日
解消方法

以下のいずれかの方法により保証金維持率を30%にする。(※1)

  • ① 追加保証金の入金
  • ② 株価上昇による代用証券担保の増加
  • ③ 株価変動による建玉評価損の減少
  • ④ 一部建玉決済

以下のいずれかの方法により、信用追証額を解消する。

  • ① 追加保証金の入金
  • ② 追証発生状況一覧の「必要決済金額」を決済

維持率20%を下回る追証が発生した場合は、株価上昇による代用証券担保の増加、株価変動による建玉評価損の減少による追証の解消はできません。

以下の方法により保証金額を30万円にする。

① 追加保証金の入金

追証発生状況一覧の「解消状況」表示
  • 追証が解消されるまでの間、「未解消」と表示されます。
  • 追証が解消されると、「解消」と表示されます。

追証発生の条件

期日までに入金しないとどうなるの?

期日までに保証金維持率が回復できない場合、当社はお客さまに通知することなく、未約定の決済注文は全て取消します。また、当社の任意にて、お客さまの全ての建玉を、原則として差し入れ期日の翌営業日の寄付に、反対売買により決済いたします。状況により現引・現渡する場合があります。

追証のリスクを減らすためには?

  • 保証金は変動リスクのある代用証券だけでなく、現金も組み入れることで、維持率の低下に備えよう
  • 建玉の評価額が落ち込む可能性も考慮し、維持率が30%ぎりぎりにならないよう、余裕を持って運用しよう

ウェブサイトだけで解決できないときは

お客様ダイヤル

0120-846-365

携帯・PHS:03-6737-1666

平日 8:00~17:00

サービスメニュー「5#」(信用取引に関するお問合せ)を押して、担当者にお問合せください。

ご利用の手順