20代前半のあなたが今すべきこと(1)~お金を増やすために必要なこと~で、お話ししたとおり、まず、お金の置き場所を作るが重要です。お金の置き場所を決めたあとにすべきこととして、20代にお金をある程度貯めた方が、30代でどのように資産形成していくのかについて、具体例をフィナンシャルプランナーの岩城みずほさんに紹介いただきました。

32歳、女性の必要貯蓄率とは

貯蓄がないと、どうなる?

先日、私のところに運用のご相談にこられた女性Kさん(32歳)は、22歳で現在の会社に入社をされてから、実家暮らしで未だ独身ということもあって、10年間ずっと決めた金額を貯金されてきたそうです。「現在資産額」は、1000万円ほどになっていました。

Kさんが、老後を安心して暮らすためには、あとどのくらいの貯蓄をすればいいのでしょうか。早速、「人生設計の基本公式」で計算してみましょう。

Kさん(32歳・会社員)
今後の平均手取り年収380万円
年金額(P)114万円
現役年数(a) 27年
老後年数(b)30年
老後生活比率(x)0.7
現在資産額 1960万円(退職一時金の見込額960万円を加算した金額)
必要貯蓄率14.271%

「必要貯蓄率」から算出した毎月の必要貯蓄額は、約4万5000円です。Kさんは、現在、毎月5万円の貯蓄をしているので、目標は達成しています。このままの調子で貯蓄を続ければ、不安を持つことなく自分のイメージする老後を暮らしていけます。

さて、もしも、Kさんに貯蓄の習慣がなく、全くお金を貯められていなかったとするとどうでしょう。「必要貯蓄率」は19.74%に跳ね上がります。

さらに、40 歳頃になって、「貯蓄」をスタートするとすれば、「必要貯蓄率」は23.11%になります。毎月約7万3000円もの貯蓄をしていかなければなりません。「貯蓄」は、一日でも早くスタートすることが大切なのです。

適切な資産配分の基本的な考え方

「リスク資産」と「無リスク資産」を、お金の置き場所に適切に振り分け、資産全体で管理することが大切です。
具体的なイメージを持って頂くために、先のKさんのご相談事例をご紹介しましょう。

投資のリスクって何?」に記載の通り、単年度でみると資産クラス別に振れ幅が大きくなる場合があることを事前に理解し、投資・資産運用を行う上では投資対象の地域・資産を分散することを考えるとよいでしょう。また、もう1つの考え方として私の著書の『人生にお金はいくら必要か』の共著者である経済評論家の山崎元氏の、「リスク資産については、1年後に場合によっては3分の1位損をするかもしれないけれど、同じくらいの確率で4割位利益が出ることもあり、長期間で考えると平均的には無リスク資産よりも年率5%くらい利回りが良くなることもあると考え、投資対象の地域と資産を分散しそれぞれいくらもつかを決めるという方法もあります。(『人生にお金はいくら必要か』P154より抜粋)」

上記の点を踏まえて、本コラムでは、国内外のインデックスファンド(※)に合計500万円を、無リスク資産として、当分使わないお金は、「個人向け国債変動金利型10年満期」に400万円、100万円を予備資金として普通預金でもつ例を紹介します。
Kさんは、これまで貯めた1000万円を以下の図1のようにしました。縦が「お金の置き場所」で横が「資産配分」です。

『人生にお金はいくら必要か』(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)p.165より転載

『人生にお金はいくら必要か』(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)p.165より転載

(※)インデックスファンドとは
日本でいうと日経平均株価やTOPIXなどをベンチマークとして、同様の値動きを目指して運用する投資信託のことをいいます。海外の指数では、MSCIコクサイ・インデックス(日本を除く先進国の大型株・中型株を投資対象とした代表的な指数)や新興国市場の連動インデックスとしてはMSCIエマージング・マーケット IMI インデックス等があります。



岩城 みずほ 氏

岩城 みずほ(いわき みずほ)氏

ファイナンシャルプランナー CFP®認定者 オフィスベネフィット代表
東洋経済オンライン『今からでも必ず解決できる!おカネと人生の相談室』、毎日新聞経済プレミア、日本経済新聞『家計のギモン』、オールアバウト等で連載中。日本経済新聞社公認 日経新聞読み方講師。
愛媛出身。慶應義塾大学卒。NHK松山放送局を経て、フリーアナウンサーとして14年活動。その後セミナー講師に。生命保険会社を経て2009年に独立。個人相談、講演、執筆を行っている。貯めると増やすの車座の会「C(貯蓄)リーグ」良質なマネーの勉強会「サムライズ」主催。ボランティア活動「経済に強いママを増やす会」に参画。著書『人生にお金はいくら必要か』(山崎元氏と共著・東洋経済新報社)『そこ、ハッキリ答えてください!「お金」の考え方このままでいいのか心配です。』(山崎元氏と共著・日本経済新聞出版社)他。



当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日またはその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.60%(税込 2.6824%)(概算)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の0.1%、指値で約定金額の0.15%を乗じた額がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります(NISA口座ではご選択いただけません)。単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

個人向け国債取引に関する重要事項

<手数料等>

購入対価をお支払いただきますが、取引手数料・口座管理料はかかりません。

<中途換金>

  • 個人向け国債については、本人が死亡した場合などを除き、発行から1年間、中途換金ができません。
  • 個人向け国債を中途換金する際、原則として下記により算出される中途換金調整額が、売却される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれることになります。
    変動金利型10年満期個人向け国債(変動・10年)
    :直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
    固定金利型5年満期個人向け国債(固定・5年)
    :2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685
    固定金利型3年満期個人向け国債(固定・3年)
    :2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685

    ※ 発行から一定期間内に中途換金する場合、上記の中途換金調整額が異なることがあります。

<その他>

  • 当社では、米国籍、米国の外国人永住権を保有されているお客様は、個人向け国債をご購入いただけません。
  • ご購入の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

ページトップへ

マネックス証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会