まずは投資信託を活用しよう

国内外の株式、債券、FXなど金融商品には下記の図のように様々なものがありますが、これから投資をはじめようという方は、まず投資信託を使うことをおススメします。初心者が投資を始める商品として次のようなメリットがあるからです。

金融商品MAP

【投資信託のメリット】

・株式、債券、不動産(REIT)など様々な投資対象に投資できる
・最低1,000円から、と少額でも投資をはじめることができる
・1つのファンドに複数の銘柄が組み入れられており分散がしやすい
・インデックスファンドならインデックス運用ができる月次で定額積立をすることができる



投資信託の特徴

投資信託とは、一言で言うと「投資家の資金をまとめるための器」です。 “一つの篭に全ての卵を盛るな”ということわざのとおり、資金がどこかに集中しすぎるのは危険です。投資信託は、小口では投資できない金融商品に多くの投資家の資金を集めて運用の専門家がまとめて運用します。運用した結果は投資家それぞれの投資額に応じて分配する仕組みの金融商品です。

下図のように販売会社、管理会社、運用会社がそれぞれの役割を担っています。マネックス証券のような証券会社は販売会社になります。

投資信託の仕組み


投資信託にかかるコスト

投資信託には主に二つのコストがかかります。それは販売手数料と信託報酬です。
販売手数料とは、投資信託を買う時に支払う手数料のことです。販売手数料はすべて販売した金融機関の収入となります。
もう一つの信託報酬は投資信託を保有している間、管理料のようにかかってくるコストです。持っている期間と持っている金額に応じて科せられます。信託報酬は、運用をしている運用会社、資産を管理している信託銀行、それに投資信託を販売している販売会社の三社間で配分比率が決まっています。


投資に活用する商品について考えよう
1

2

3

4



投資信託取引に関する重要事項

<リスク>
投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。
<手数料・費用等>
投資信託ご購入の際には、申込金額に対して最大3.5%(税込3.78%)を乗じた額の申込手数料がかかります。また、購入時又は換金時に直接ご負担いただく費用として、申込受付日又はその翌営業日の基準価額に最大1.2%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。さらに、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率2.447%(税込2.547%)+0.2%(概算)程度を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

ページトップへ

マネックス証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会