公立か、私立か?進学パターン別、こんなに違う教育費の平均額


公立か、私立か?進学パターン別、こんなに違う教育費の平均額

進学パターン別の教育費については、ファイナンシャルプランナーのタケイ啓子さんにレクチャーいただきます。

わが子には希望する進路を歩んでほしい。これは、親であれば共通の願いではないでしょうか。そのためには、早めの教育費の準備が必要。進学先が公立と私立では、必要な教育費も大きく異なります。家族で子どもの教育方針を考えるためには、まずは平均的な金額の違いを知っておきましょう。

  • 1-1:パターン別、教育費の平均額
  • 1-2:教育費、大きな資金が必要になるタイミングは?

図1:子ども一人にかかる教育費平均

区分 小学校(6年間) 中学校(3年間) 高等学校(3年間)
公立 私立 公立 私立 公立 私立
学校教育費① 355,368 5,313,834 386,892 3,067,191 728,076 2,220,432
学校給食費② 259,056 276,534 115,266 12,462    
学校外活動費③ 1,315,824 3,624,366 943,365 936,216 501,861 765,453
学習塾など 521,190 1,810,914 737,412 583,863 404,367 613,929
習い事月謝など 794,634 1,813,452 205,953 352,353 97,494 151,524
学習費総額(①+②+③) 1,930,248 9,214,734 1,445,523 4,015,869 1,229,937 2,985,885
区分 大学(4年間、医歯薬系は6年間)
国立大学 私立文系 私立理系 私立医歯薬系
学校教育費① 2,425,200 3,385,000 4,648,000 18,292,000
学校給食費② - - - -
学校外活動費③ - - - -
学習塾など - - - -
習い事月謝など - - - -
学習費総額(①+②+③) 2,425,200 3,385,000 4,648,000 18,292,000

出所:(文部科学省「子供の学習費調査」(2014年度)、「2014年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)の調査結果について」より作成)



小学校から大学まで、すべて公立なら約703万円

文部科学省では、2年ごとに高校生までの「子供の学習費調査」を行っています。2014年度版によれば、保護者が子供1人あたりに支出する教育費の平均額は、小学校から大学まですべて公立なら約703万円です。

公立小学校では学校教育費と学校給食費などの学校に支払う分はそれほど高額ではありませんが、学校外の支出(習い事等)が多くなっています。特にスポーツ関連のものが多く、野球・サッカー・スイミングなどが人気です。また、芸術関連では、ダンスや絵画なども関心を集めているようです。学習塾の費用は、公立小学校での平均は1年間で約5万2000円ですが、塾に通っている公立小学校の子どもは35.7%です。塾利用者の年間費用平均は約14万6000円なので、単なる平均値に惑わされないようにしましょう。

小学校は公立、中学校から大学まで私立なら約1232万円

中学校から私立に進学すると、教育費の平均額は、約1232万円になります。
中学校の入試は、親子とも決して楽ではありませんが、いったん入学すれば、高等学校や大学までエスカレーター式に進学できるメリットがある場合もあります。また、思春期の難しい時期に、行き届いた指導があれば心強いと思う親御さんも多いでしょう。そのための学校教育費は、決して高いものではないのかもしれません。

中学校までは公立、高校と大学は私立なら約975万円

高校と大学を私立に進学した場合の教育費の平均額は、約975万円です。
高等学校への入学試験は、公立と私立の両方を受験するケースがほとんどでしょう。高校は義務教育ではないこともあり、学校により進学指導や学校行事の違いが小さくありません。

進学指導では、塾に行かなくても十分に面倒をみてくれる学校もあれば、塾に行くことを前提にしているような学校もあります。塾に通っている子どもは、公立の高等学校で33.4%、私立でも39.0%います。塾利用者の年間費用の平均は、公立で約28万6000円、私立で約36万5000円です。私立だからと言って進学指導が万全な学校ばかりではありません。進学先選びは、大学進学まで見据えて考えましょう。

高校までを公立、大学を私立文系にするなら約799万円

高校までを公立、大学を私立に進学した場合には、教育費の平均額は約799万円となります。
ただし、大学の費用は私立大学文系で計算をしています。理系の場合は、4年間に必要な学費は平均約465万円なので、合計で925万円。医歯薬系であれば、6年間で平均約1829万円、合計2290万円となります。
さらに、ここには子どもの生活費は含まれていません。自宅から通学する場合でも交通費や教材費がかかります。学費のほかに生活費も必要ですが、アパートなどの一人暮らしでは年間約101万円が平均です(日本学生支援機構「学生生活調査」2014年度)。大学生であればアルバイトができるようになりますが、理系や医歯薬系では実験・実習科目が多いとなかなか時間がとれないことも少なくありません。



教育費、大きな資金が必要になるタイミングは?

さて、教育費を合計するとかなり大きな金額になりますが、それでも各家庭でなんとかやりくりしているのは、月単位に分割されている支出が多いからでもあります。
ただし、大きな費用が必要になるタイミングがあります。たとえば、各入学試験の受験費用や、試験直前の集中授業は数十万円の出費になるケースが多いでしょう。また、推薦などで進学先が早期に決まる場合は、入学金の納入も早まります。学校や塾の先生、親同士のネットワークで情報は幅広く集めることが大切です。

教育費がいくら必要になるのかは、教育方針によって違います。しかし確実なのは、できるだけ子どもの希望は叶えてあげたい親の気持ちです。早めの準備と情報収集で、悔いを残さないようにしたいですね。

関連記事:子どもの教育費、こうつくる。~教育費のピークに備えて、早めに準備する方法~



タケイ 啓子 氏

ファイナンシャルプランナー(AFP)

タケイ 啓子 氏

36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。43歳の時に乳がんを告知される。治療を経て、現在は治療とお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー。



情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

ページトップへ

マネックス証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会