2016年に実施したリニューアル前に掲載された「最新情報」は、リンク先を閲覧できません。
ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

【重要】6月23日(木)英国の国民投票におけるご注意事項(2016年6月24日再追記)

2016年6月23日(木、現地時間)、英国の欧州連合(EU)離脱(いわゆるBrexit)の是非を問う国民投票が予定されております。
今回の国民投票は為替市場の注目が非常に高く、結果次第では市場流動性が低下するリスク、対英ポンド通貨ペア(GBP/JPY、GBP/USD)、対ユーロ通貨ペア(EUR/JPY、EUR/USD)を中心に為替相場が急激に変動するリスクが見込まれます。お客様におかれましては証拠金や保有建玉の状況には十分にご注意ください。

想定されるリスクの例


スプレッド(売値と買値の差)が拡大するリスク
カバー取引先から市場実勢を反映しない価格提示を受けた場合、当社が一時的にお客様向けの価格配信を停止するリスク
流動性低下に伴いロスカット取引の執行・約定に通常時以上の時間を要するリスク
相場急変に伴いロスカット基準から乖離して約定が成立し、想定以上の元本損失あるいは元本超過損が発生するリスク
スリッページ(注文レートと約定レートの差)が発生するリスク

なお、6月中旬以降の相場変動状況によっては、以下のような臨時対応を実施する場合がございます。
・ 一部通貨ペアの注文必要証拠金率・建玉必要証拠金率を一定期間引き上げる
・ 通貨ペア別の最大保有建玉数量を一定期間引き下げる 等
これらの臨時対応を実施する場合、事前に当社ウェブサイト等にてご案内いたします。
お取引の際には、お預けいただく資金に余裕を持たせるなど十分な投資余力を確保するか、もしくは事前にポジションを調整することもご勘案くださいますようお願い申し上げます。

(2016年6月17日追記)
当社の取り扱い13通貨ペアの提示スプレッドにつき、取引ルールページ内の注釈(※)にてご案内しておりますが、誠に勝手ながら2016年6月23日の英国国民投票日ならびに24日の発表日の全取引時間帯(同月23日(木)午前6時10分~25日(土)午前5時55分)について一時的に広告表示スプレッド値の適用対象外とさせていただきます。また、相場状況次第では、適用対象外とする期間を延長する可能性がございます。

(2016年6月24日追記)
誠に勝手ながら、為替相場状況を勘案し、広告表示スプレッド値の適用対象外期間を以下のとおり延長します。

(変更前)6月23日(木)午前6時10分~6月25日(土)午前5時55分
(変更後)6月23日(木)午前6時10分~7月2日(土)午前5時55分


※対象ページ:
取引ルール
「※1 上記スプレッドは標準的な数値で、固定されたものではありません。月曜日取引開始時や経済指標発表時など、相場状況によりスプレッドが拡大する可能性があります。」

その他の最新情報を見る

画面上部へ