9/29(金)夕刻より精算表の表示仕様が変わりました

9/29(金)夕刻に、かねてからご要望をいただいていた精算表(入出金履歴)の表示仕様を変更いたしました。

入出金の内容や履歴がわかりやすくなりました

表示項目を減らし、取引区分と摘要の表示内容を改善することで入出金の履歴がわかりやすくなりました。また、1レコードを1行で表示させ、金額欄内の通貨単位表示(円、ドル)をなくすことで表計算ソフトなどへ転記した際の計算が容易になりました。

精算表1

精算表を見る。(精算表へ遷移します)

商品の売買ごとに金額が合算(サマリー)されます

同一受渡日の取引を、商品の「買い」「売り」ごとに合算し、サマリー表示することで入出金の履歴を簡潔にわかりやすく確認いただけます。1つ1つのお取引の履歴は、取引履歴画面にてご確認ください。

精算表1

合算(サマリー)例

  • 国内株式買付
  • 国内株式売却
  • 信用決済損益
  • 投資信託買付・募集代金
  • 投資信託売却・償還代金

債券・外貨建てMMF・為替取引の取引履歴へのリンクを追加

債券・外貨建てMMF・為替取引は取引履歴へのリンクが追加され、当該取引の確認がしやすくなりました。

精算表3

約定明細へのリンク機能は、取引履歴へ

個別取引の受渡代金をクリックすると約定明細画面へ遷移しますが、この機能は取引履歴に移りました。なお、約定明細は受渡日ベースで過去2か月分(60日間)の閲覧が可能です。

精算表4