いよいよ上場 音楽ストリーミングの米スポティファイ

米国の音楽ストリーミングサービス大手のスポティファイが2018年4月3日(火)(現地時間)、米ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場を予定しています。マネックス証券では、上場日当日より取扱いを開始いたします。 また、米国市場に上場する中国企業(ADR)についても、IT企業を中心に多数、お取引いただけるようになります。

米スポティファイを新たに取扱い開始

スポティファイとは?

(売出目論見書より引用)

2008年に音楽ストリーミングサービスを開始した、業界の先駆者。日本では無料で4,000万曲以上の楽曲を選曲可能(有料プランもあり)。世界中61ヶ国でサービスを展開で、月間アクティブユーザーを159万人、有料会員を71万人抱える(2017年12月未時点)。未上場の段階で評価額が10億ドル(約1,000億円)を超えるユニコーン企業の代表格。

銘柄名 市場 銘柄コード 公開価格
スポティファイ・テクノロジー NYSE SPOT 直接上場のため、なし(※)

ただし、直近(2018年2月)の未公開取引においては、95米ドル~127.5米ドルで取引がされています。

上場日当日のスポティファイの注文について

上場日当日、日本時間の夕方頃よりご注文が可能となります。初値決定前と後での可能な注文は以下のとおりです。

可能な注文
初値決定まで 指値注文
初値決定後 通常の注文

その他、日本で音楽ストリーミングサービスを提供する主な企業

銘柄名 市場 ティッカーまたは銘柄コード サービス内容
アップル NASDAQ AAPL Apple Music
アマゾン・ドット・コム NASDAQ AMZN Prime Music
アルファベット NASDAQ GOOGL Google Play Music
LINE 東証、NYSE 3938、LN LINE MUSIC
サイバーエージェント 東証 4751 AWA
楽天 東証 4755 Rakuten music

マネックス証券調べ

米国株ウィークリーレポートでピックアップ!

広瀬 隆雄 氏

スポティファイの詳細を知りたい方は、広瀬隆雄氏の米国株ウィークリーレポートにピックアップされていますので、ぜひご一読ください。

米国株ウィークリーレポート(2018年4月2日号)「4月3日にスポティファイがニューヨーク証券取引所に上場されるのを機にミュージック・ストリーミング市場を解説」

その他、取扱銘柄に追加した米国株銘柄一覧(すべて中国ADR)

以下の銘柄も、4月3日(火)よりお取引可能となりました(ビリビリは4月4日(水)より)。

ティッカー 銘柄名 市場 事業内容
IQ アイチーイ
(iQIYI)
NASDAQ オンライン動画ストリーミングサービスを提供する中国企業
NTES ネットイース
(NetEase)
NASDAQ ポータルサイトやオンラインゲームなどを展開する中国企業
EDU ニュー・オリエンタル・エデュケーション・アンド・テクノロジー
(New Oriental Education & Technology)
NYSE 教育サービスを展開する中国企業
WUBA 58同城
(58.com)
NYSE オンラインマーケットプレイス事業を行う中国企業
ZTO ZTOエクスプレス
(ZTO Express Cayman)
NYSE 運送事業を行う中国企業
HTHT チャイナ・ローディング
(China Lodging Group)
NASDAQ ホテル事業を展開する中国企業
YY ワイワイ
(YY)
NASDAQ オンライン動画ストリーミングサービスを提供する中国企業
MOMO モモ
(Momo)
NASDAQ 位置情報を利用したSNSサービスを提供する中国企業
JOBS 51ジョブ(51job) NASDAQ 総合人材サービス事業を展開する中国企業
QD チューディアン(Qudian) NYSE オンラインマイクロクレジットサービスを提供する中国企業
HCM ハチソン・チャイナ・メディテック
(Hutchison China Meditech)
NASDAQ 中国の製薬会社
NOAH ノア・ホールディングス
(Noah Holdings)
NYSE 富裕層向けビジネスを運営する中国企業
BZUN バオズン
(Baozun)
NASDAQ Eコマースサイトを運営する中国企業
ATHM オートホーム
(Autohome)
NYSE 自動車のオンライン販売サイトを運営する中国企業
BGNE ベイジーン
(BeiGene)
NASDAQ 中国のバイオ医薬品企業
CYOU チャンユー・ドットコム
(Changyou.com)
NASDAQ 中国のオンラインゲーム会社
GDS GDSホールディングス
(GDS Holdings Ltd)
NASDAQ データセンターの設立や管理などを行う中国企業
BILI ビリビリ
(Bilibili)
NASDAQ 中国の動画視聴サイトを運営

米国預託証券(ADR)とは?(米国預託証券(ADR)のお取引に関するご注意)

米国株取引をはじめるには

米国株取引は、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「外国株取引口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国株取引をはじめるには

外国株取引口座をお持ちでないお客様は、まず、外国株取引口座をお申込みください。開設後は、外国株取引口座情報へのアクセスや米国株取引画面へのログインができます。

外国株取引口座をお持ちでない方

外国株取引口座開設画面へ遷移します

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし最低手数料5米ドル、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。

本レポートは、筆者の見解であり、当社の意見を表明するものではありません。掲載されている内容は、外国株式に関する情報の提供を目的とし、勧誘を目的としたものではありません。
また、その正確性および完全性を保障するものではありません。最終的な投資決定は、お客様ご自身の判断で行われますようお願いいたします。万一、この情報に基づいて取引をされ損害を被った場合においても、当社及び本資料中に引用・掲載した情報の提供者は一切責任を負いません。