先物・オプション取引はマネックストレーダーで!

先物・オプション取引はマネックストレーダーで!

マネックストレーダーは、初心者からアクティブ・トレーダーまで使える豊富な機能とスピーディな発注を追求できる注文画面を搭載した、先物・オプション取引に対応するリアルタイム・トレーディング・ツールです。ウェブサイトにはない注文機能もありますので、ぜひこの機会にご利用ください。ダウンロード・ご利用は無料です。

ログインして利用する

情報ツール利用状況一覧「マネックストレーダー」よりお申込み・ダウンロードしてご利用ください

利用する

情報ツール利用状況一覧「マネックストレーダー」よりお申込み・ダウンロードしてご利用ください。

ご注文は専用画面でスムーズに

マネックストレーダーでは、先物オプション専用の画面レイアウトをご用意しています。注文に便利な画面があらかじめセットされており、操作が初めての方でもスムーズに注文を出すことができます。ウィンドウ左上の「画面レイアウト」というボタンから呼び出しが可能です。各画面の配置や構成は簡単に変更・保存いただけます。

例:上記レイアウトにチャート画面を追加して新規注文に特化

出所:マネックストレーダー

板を見ながらダブルクリックで注文できる「スピード注文」

出所:マネックストレーダー

「スピード注文画面」では、板情報と注文機能を1つの画面に搭載しています。板画面をダブルクリックするだけで発注でき、あらかじめ取引暗証番号を入力しておけばさらにスムーズに発注いただけます。画面下部のチェックをはずすことで注文確認画面の表示を省略することも可能です。

逆指値やツイン指値、有効期間などの設定も可能

逆指値やツイン指値、執行条件や有効期間を設定して新規注文をしたい場合は通常の新規注文画面をご利用ください。銘柄は画面上のプルダウンから選択するほか、他画面から銘柄名をドラッグ&ドロップしていただくことも可能です。決済注文画面も同様に操作いただけます。

出所:マネックストレーダー

自由自在なチャート表示

チャート画面には指数チャートや指数先物OPチャートなどの種類があり、それぞれ足種の変更やチャートの追加が可能です。また、テクニカル指標やトレンドラインの描画、分析を保存するテンプレート機能などもご利用いただけます。チャートの色や線種はお好みで変更可能です。

出所:マネックストレーダー

ニュースをリアルタイムでチェック

ニュース画面ではリアルタイムで更新される各種ニュースのほか、TDnetに掲載される適時開示情報やEDInet(有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)の情報もご覧いただけます。ニュースは銘柄や分類で検索することも可能です。

出所:マネックストレーダー

ご利用にあたって

ご不明な点はユーザーマニュアルで解決

以下のリンクより、マネックストレーダーのマニュアル「マネックストレーダー スーパーリファレンス」を閲覧いただけます。こちらのマニュアルでは、インストール方法や注文方法、チャートの表示方法などを幅広く解説いたします。

ユーザーマニュアルはこちら

(PDFファイルが開きます)

先物取引はスマートフォンアプリでも

価格:無料

先物取引は専用のスマートフォンアプリでもご利用いただけます。本アプリでは日経225先物、日経225ミニ、JPX日経インデックス400先物の注文ができます。逆指値・ツイン指値注文も可能です。その他5つの主要指数や各種マーケット情報、8つのテクニカルチャート、ニュースなどをご提供、いつでもどこでも簡単に先物取引ができます。

オプション取引には対応していません。

マネックストレーダー先物 スマートフォン

ログインして利用する

情報ツール利用状況一覧「マネックストレーダー」よりお申込み・ダウンロードしてご利用ください

利用する

情報ツール利用状況一覧「マネックストレーダー」よりお申込み・ダウンロードしてご利用ください。

先物・オプション取引に関する重要事項

<リスク>

株価指数先物取引および株価指数オプション取引の価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。株価指数先物取引では、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、対象とする株価指数の変動等により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。株価指数オプション取引では、買方が期限までに権利行使または転売を行わない場合、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。他方、売方は、証拠金の額を上回る取引を行うこととなるため、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されず、元本超過損を負うおそれがあります。オプションを行使できる期間には制限がありますのでご注意ください。

<手数料等(税抜)>

日経225先物取引では1枚あたり250円、日経225ミニは1枚あたり35円、JPX日経400先物は1枚あたり50円の取引手数料がかかります。日経225オプション取引では、売買代金の0.18%(ただし最低手数料180円)の取引手数料がかかります。なお、特別清算指数(SQ)で決済される時や日計り取引時にも前記手数料がかかります。

<証拠金>

株価指数先物取引および株価指数オプション取引(売建て)では、「SPAN(R)に基づき当社が計算する証拠金額×当社が定めた掛け目(※)-ネットオプション価値の総額」の証拠金を担保として差入れまたは預託していただきます(※当社は、指数の変動状況などを考慮の上、証拠金額に対する掛け目を任意で設定し、変更することがあります)。また、取引額の当該証拠金に対する比率は、証拠金の額がSPAN(R)により、先物取引全体の建玉から生じるリスクに応じて計算されることから、常に一定ではありません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。