【米国株】ウェブブラウザ型取引画面に新機能を追加!

2020年2月下旬頃(予定)に、米国株のウェブブラウザ型取引画面に新機能を追加いたします。
使いやすくなった米国株の取引画面をぜひご利用ください。

新機能のご紹介

残高照会からの取引操作がより簡単に!

これまでメニュー形式で表示していた成行売り注文と新規注文をボタン表示に変更いたします。
「全株成行売り」ボタンは、選択した銘柄の保有株全株数の成行の売り注文を発注する機能です。注文内容入力が不要なため、即時に売りたい場合に、便利にご利用いただけます。
また、「注文画面反映」ボタンは、選択した銘柄を注文画面に反映する機能です。注文画面で改めてシンボルを入力する必要がなく、スムーズにご注文いただけます。

詳細はウェブサイト内の米国株取引ヘルプにてご確認ください。

チャート機能の利便性が向上!

チャートバーの表示を追加いたします。
チャートでよく使う機能を、都度設定ボタンから選択する手間を省くことでチャートの編集をより簡単にご利用いただけます。

【設定可能機能】

  • 期間
  • 描画
  • 指標
  • セッション
  • チャート種別

その他の改善内容

その他、以下のような改善を行います。

  • 注文約定一覧でご覧いただける情報を過去30日分に増やします。
  • 残高照会画面のカラム幅を調整いただけるようにいたします。
  • チャートタブの表示上限を5枚から7枚に増やします。
  • 一部英語表示となっていた箇所を日本語表示に更新いたします。

マネックス証券の米国株取引への取り組み

マネックス証券では、お客様がよりお取引しやすい環境を整えるため、トレードステーションの操作性向上、機能の拡充およびサービス内容の拡充を図ってまいりました。
今後もお客様の利便性向上に努めてまいりますので、ぜひご期待ください。

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定代金に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。