サイト内の現在位置を表示しています。

くりっく株365 建玉等移管に関する制約事項について

いつもマネックス証券をご利用いただきありがとうございます。建玉および証拠金等を岡三オンライン証券へ移管が確定したお客様への重要なお知らせです。制約事項等がございますので、お客様におかれましては十分ご留意いただきますようお願いいたします。

移管に関する詳細

以下の日程および内容にてお客様の建玉内容を含む各種お取引データを岡三オンライン証券へ移管します。

予定通り2020年8月1日(土)~2020年8月2日(日)に移管作業を完了いたしました。

移管に関する詳細

内容
移管先 岡三オンライン証券株式会社
移管日 2020年8月1日(土)~2020年8月2日(日)
移管内容

2020年7月31日(金)(翌8月1日(土)5時00分)時点の

  • 建玉
  • 証拠金
  • 過去注文データ(期間指定注文データは対象外)(※1)(※2)
  • 過去約定データ(※2)
  • 入出金データ(未実現および損益履歴含む)
  • 追証データ

※1未約定注文、期間指定注文等は一括失効となります。

※2オープン建玉に紐づくものが対象です。

移管に関する制約事項

以下のとおり制約事項等がございますので、十分ご留意いただきますようお願いいたします。

移管に関する制約

内容
各種帳票類 2020年7月31日(金)(翌2020年8月1日(土))5時00分のお取引終了分までの各種帳票類はマネックス証券側くりっく株365口座で作成いたします。それらの帳票類は移管対象外です。ご留意願います。
2020年8月3日(月)以降、岡三オンライン証券側くりっく株365口座でお取引されたものに関してはすべて岡三オンライン証券側くりっく株365口座で作成されます。
マネックス証券側
くりっく株365口座

移管完了後(2020年8月2日以降)、お客様のマネックス証券側くりっく株365口座は、2021年4月中旬(予定)までログイン可能です。
ただし、入出金および売買等は行えませんのでご留意願います。
また、ログイン可能期間中に、必要に応じ各種帳票類のダウンロード(※3)を行ってください。2021年4月中旬(予定)以降のログインおよびダウンロードは行えませんのであらかじめご了承・ご留意願います。

※32020年7月31日(金)(翌2020年8月1日(土))5時00分までのお取引に関する年間取引報告書は、2021年1月にマネックス証券側くりっく株365口座で作成いたします。岡三オンライン証券側くりっく株365年間取引報告書に関しては、岡三オンライン証券にご確認ください。

出金停止 お客様の預り金額を確定させるため、2020年7月29日(水)(翌2020年7月30日(木))5時00分のお取引終了後、出金停止処理を実施し、2020年8月1日5時00分時点での預り金を岡三オンライン証券へ移管します。
GTC注文の失効 2020年7月31日(金)(翌2020年8月1日(土))5時00分のお取引終了後、GTC注文の失効処理を実施いたします。有効期限通知メールを受信する設定がされている場合、失効の旨メール配信されますので、あらかじめご了承願います。必要に応じ、岡三オンライン証券側くりっく株365口座にて改めて設定をお願いいたします。(※4)
口座データ 移管完了後(2020年8月2日以降)、マネックス証券側くりっく株365口座内において、お客様の建玉データ無し、証拠金データ0円と表示されますのでご留意願います。
未受渡入出金 2020年7月30日(木)~2020年7月31日(金)(翌2020年8月1日(土))5時00分までのお取引で発生した売買損益や手数料等の未受渡金に関しては、岡三オンライン証券側くりっく株365口座に入金されます。そのため、マネックス証券側くりっく株365口座では受渡済みと表示されますのであらかじめご了承・ご留意願います。
追証

2020年7月31日(金)(翌2020年8月1日(土))5時00分お取引終了後、清算価格による値洗い処理で追証が発生した場合、岡三オンライン証券側くりっく株365口座で必要な処理を行ってください。そのため、マネックス証券側くりっく株365口座では追証が解消された旨表示されますのであらかじめご了承・ご留意願います。

岡三オンライン証券 お取引ルール

※42020年8月1日(土)~2020年8月2日(日)の移管作業中、トラブル発生等の理由により、移管作業を中止する可能性がございます。その場合、建玉および証拠金等は移管されず、またGTC注文は失効したままとなりますので、あらかじめご了承・ご留意願います。2020年8月3日(月)以降、次回移管作業実施まで、マネックス証券側くりっく株365口座でお取引をお願いいたします。

くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)に関する重要事項

<リスク>

くりっく株365の取引対象である株価指数は、需給関係、対象株式の相場、配当予想額、為替相場、金利相場の変動等に伴って変動するため、これにより元本損失が生じることがあります。くりっく株365では、取引金額が証拠金の額に比して大きいため、取引対象である株価指数の変動により、差し入れた証拠金の額を上回る損失(元本超過損)が発生することがあります。くりっく株365では、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。

<手数料等>

くりっく株365では、片道1枚あたり141円(税抜)の取引手数料がかかります。

<証拠金>

くりっく株365では、証拠金の額は、東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額に、当社が定める金額(東京金融取引所が定める1枚あたりの証拠金基準額の2倍を上限額とします。)を加算した額に建玉数量を乗じて算出します。証拠金の額は、東京金融取引所でリスクに応じて算定する証拠金基準額および取引対象である株価指数の価格に応じて変動するため、取引金額の証拠金に対する比率は、常に一定ではありません。詳細はくりっく株365のウェブサイトでご確認ください。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。