サイト内の現在位置を表示しています。

【ゴールド】プロが語る!2021年の相場見通し

【ゴールド】プロが語る!2021年の相場見通し

2020年の金価格は9年ぶりに最高値を更新しました。一段と注目度が高まる中で、2021年の見通しについて、当社メディア「マネクリ」でゴールドのレポートを執筆いただいている江守哲氏をお招きし、解説いただきました。なかでも事前に募集した質問にお答えするパートは必見です。ぜひお気軽にご視聴ください。

特定商取引法に基づく表示

【動画】プロが語る!2021年の相場見通し

講師のご紹介

江守 哲(えもり てつ)氏

エモリファンドマネジメント株式会社 代表取締役

江守 哲 氏

1990年慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社し、非鉄金属取引に従事。英国住友商事(現欧州住友商事)に出向し、ロンドンに駐在。Metallgesellschaft Ltd.(ロンドン本社、現JPモルガン)に移籍し、非鉄トレーダーとして活躍。2000年に三井物産フューチャーズに移籍し、「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」としてコモディティ市場の分析および投資戦略の立案を行う。2007年にアストマックスに入社後、チーフファンドマネージャーに就任し、ヘッジファンド運用を行っていた。現在はエモリファンドマネジメント株式会社 代表取締役。株式・為替・債券・コモディティ市場分析・投資戦略に関するメールマガジンの発行、講演、テレビ・ラジオ出演を行う一方、「EMORI CLUB」を主宰し、個人投資家の会員向けレポートの発行および講義を行っている。2020年10月に、初心者向けFXサイト「エフプロ」の監修者に就任。

著作に、「ロンドン金属取引所(LME)入門」(1999年総合法令出版)、「米国株は3倍になる」(2017年ビジネス社)など
共著に「コモディティ市場と投資戦略」(2014年勁草書房)
新刊に「金を買え 米国株バブル経済の終わりの始まり」(2020年プレジデント社)

【動画】ゴールドの2021年の見通し(60分)

金などに代表されるコモディティ市場に長年携わってこられた江守氏に、プロの視点で2021年の相場の見通しを語っていただきました。事前に皆様よりお寄せいただいた質問に江守氏がお答えするパートは動画の後半にございます。ぜひ最後までご覧ください。

(収録日:2020年12月23日)
マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」にリンクします。

動画内で取り上げた質問はこちら!

質問(1)
-プラチナの短期および中期トレンドは?

質問(2)
-通貨供給量と金利の金価格との関係は?また今後10年程度の金の利回りは?

質問(3)
-将来インフレとなり実物資産への投資を通じて市場金利が上昇した場合、金利が付かない「金」は不利?それとも不利を上回る資産価値の上昇がある?

質問(4)
-近年のゴールドのパフォーマンスはS&P500に勝ると聞き、一部積み立てようと思う。割合など、30~40年の見立て、考え方は?

お寄せいただいた質問の内容を一部要約して記載しております。

ゴールドのお取引ならマネックス証券

お手頃な手数料

マネックス証券が提供する金・プラチナ・銀の取引サービス「マネックス・ゴールド」は、買付時手数料(税抜)が約定代金の1.5%です。毎月1,000円からはじめられる積立プランのほか、ご自身で相場のタイミングを計って購入するスポット取引も行うことができます。

買付時手数料(税抜)1.5%

毎週月曜日にレポートを公開!

今回2021年の市場について解説いただいた江守氏は、毎週月曜日にマーケットの振り返りや今後の相場の見通しなどのレポートを執筆されています。ぜひ投資の判断にお役立てください。

詳細を見る

祝日の場合は原則休載としております。その他にも休載する場合がございます。

ゼロからはじめる「マネックス・ゴールド」

「マネックス証券でゴールドの取引を始めたい!」と思ったら、3つのステップで簡単にはじめられます。

STEP1

まずは口座を開設!

マネックス・ゴールドをはじめるには

マネックス・ゴールドは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「マネックス・ゴールド口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

ログイン後、マネックス・ゴールド口座開設画面へ遷移します

マネックス・ゴールドをはじめるには

マネックス・ゴールド口座をお持ちでないお客様は、まず、マネックス・ゴールド口座をお申込みください。開設後は、マネックス・ゴールド口座情報へのアクセやスマネックス・ゴールド取引画面へのログインができます。

マネックス・ゴールド口座をお持ちでない方

マネックス・ゴールド口座開設画面へ遷移します

STEP2

投資するお金を準備!(入金編)

証券総合取引口座への入金には、手数料無料で残高への即時反映もできる「即時入金サービス」のご利用をおすすめいたします。最初から最後まですべてオンラインで完結できるため、手軽に入金することができます。

詳細を見る

STEP3

投資するお金を準備!(振替編)

証券総合取引口座へ入金されたお金は「MRFまたはお預り金」として管理されています。ゴールドのお取引の際には、このお金をマネックス・ゴールド口座へ振替えていただく必要がございます。

詳細を見る

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス・ゴールド取引に関する重要事項

リスク
マネックス・ゴールド取引では、取引対象である金地金等の価格の変動により元本損失が生じることがあります。
特定商取引法に基づく表示
マネックス・ゴールド取引に際しては、マネックス・ゴールド口座の開設が必要です。1回の注文の上限金額、重量はそれぞれ99億9,999万9千円、100万gです。スポット取引の注文は約定まで、積立取引は当月分の買付について前月25日(休業日の場合は前営業日)15:30まで、変更・取消しが可能です。商品に欠陥がある場合を除き、お客様の購入された金地金等について、返品・交換はお受けできません。販売価格、代金の支払い時期・方法、受渡時期等、特定商取引法に基づき省略されている事項について、マネックス・ゴールド口座をお持ちの方にはログイン後のウェブサイトにて通知いたします。当該口座をお持ちでない方には、請求のあった場合、書面にて遅滞なく通知いたします。(販売価格は、当社が請求を受けた日の9:30時点の価格を通知いたします。)
その他
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「マネックス・ゴールド取引約款」「マネックス・ゴールド取引の積立取引ルール」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等(税抜)>

米国株式等の売買では、約定金額に対し0.45%(ただし、手数料上限20米ドル)の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドルかかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。