新春記念!
武者氏、阿部氏と豪華マーケット座談会

配信日:2017年12月29日

まもなく迎える2018年。
2020年には日経平均4万円を試す局面に入ると考えている阿部修平氏。バブル期の史上最高値を更新するシナリオにはいっていくと考える武者陵司氏。そして、日経平均が2019年3月末までに3万円を達成すると考えている松本大。
マーケットを知り尽くした2人とマーケット、経済の未来を語り尽くしました。

2018年、それ以降の日経平均の見通し

阿部氏「4万円が規定事実」
武者氏「10万円を超えていく可能性が強い・・・」

今、日本経済・世界経済に起きている大きな変化とは?

阿部氏「物が安い日本が修正される」
武者氏「世界中で空前の産業革命が起きる」

マーケットは今後どのように変わっていくか?

阿部氏「企業の行動パターンが変わってきている」
武者氏「日本は今、国際分業で有利な立場に」

これはバブル!?ビットコインなど仮想通貨をどう見ているか。

阿部氏「値動きを見ていると、久しぶりの・・・」
武者氏「歴史上、◯◯というのは、その後・・・」

北朝鮮、米国、中国、リスク要因をどのように評価すべきか。

阿部氏「今のリスクは過去半世紀ずっとあったもの」
武者氏「中国の人民元リスクはない。なぜなら・・・」

2018年、そしてこれから投資すべき業種は?

阿部氏「何に投資するかということなんですが、例えば私は・・・」
武者氏「それからもう一つ、やっぱり・・・」

大きな変化のあった2017年。2018年はどうなっていくか。年末年始にぜひご覧ください。

音声が聞き取りづらい箇所がございます。誠に申し訳ございません。
本座談会の内容は東洋経済ONLINEにおいてもご覧いただけます。

収録日 2017年12月25日
時間 49分

ご注意

  • ・動画視聴の際、アクセスが集中した場合にはエラーメッセージが表示される場合がございます。
    その際には、時間や日を改めて再度視聴をお願いいたします。
  • ・お客様のご利用のPCの環境によっては動画をご覧いただけない場合がございます。
    あらかじめお客様ご自身の環境をご確認のうえ、ご利用ください。
    視聴環境

プロフィール

スパークス・グループ株式会社 スパークス・アセット・マネジメント株式会社 代表取締役社長阿部 修平 氏

1954年札幌生まれ、1978年上智大学経済学部卒業、1980年にバブソンカレッジでMBA取得。帰国後、株式会社野村総合研究所入社。企業調査アナリストとして日本株の個別企業調査業務に従事。その後、1982年4月にノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル(ニューヨーク)に出向し、米国機関投資家向けの日本株のセールス業務に従事。1985年、アベ・キャピタル・リサーチを設立(ニューヨーク)。クウォンタムファンド等欧米資金による日本株の投資運用・助言業務を行うとともに、欧米の個人資産家の資産運用を行う。
1989年に帰国後、スパークス投資顧問(現スパークス・グループ株式会社)を設立、代表取締役社長に就任(現任)。2005年ハーバード大学ビジネススクールでAMP修了。2012年6月株式会社国際協力銀行(JBIC)リスク・アドバイザリー委員会 委員就任。

株式会社 武者リサーチ 代表 ドイツ証券株式会社 アドバイザー ドイツ銀行東京支店 アドバイザー武者 陵司(むしゃ りょうじ)氏

1949年長野県生まれ。1973年横浜国立大学経済学部卒業後、大和証券に入社。
1988年大和総研アメリカでチーフアナリストとして米国のマクロ・ミクロ市場を調査。1997年ドイツ証券調査部長兼チーフストラテジスト、2005年ドイツ証券副会長を経て、2009年株式会社武者リサーチを設立。
主な著書に、『日本株大復活』(PHP研究所)、『新帝国主義論』『「失われた20年」の終わり地政学で診る日本経済』(東洋経済出版社)『超金融緩和の時代』(日本実業出版社)『結局、勝ち続けるアメリカ経済一人負けする中国経済』(講談社+α新書)2017年8月18日発売、等がある。

マネックス証券 代表取締役社長松本 大 (まつもと おおき)

1963年埼玉県生まれ。1987年東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経て、ゴールドマン・サックスに勤務。1994年、30歳で当時同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資でマネックス証券株式会社を設立。2004年にはマネックスグループ株式会社を設立し、以来CEOを務める。マネックスグループは、個人向けを中心とするオンライン証券子会社であるマネックス証券(日本)、TradeStation証券(米国)・マネックスBOOM証券(香港)などを有するグローバルなオンライン金融グループである。株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めたほか、数社の上場企業の社外取締役を歴任。現在、米マスターカード、株式会社ユーザベースの社外取締役も務める。

日経平均30,000円への道。達成時期はいつ?

日経平均30,000円に達成する理由とは?

【信用取引手数料を大幅に引き下げ】業界最安水準に 2017年11月27日(月)約定分より 詳細はこちら

コラム一覧へ

口座開設はこちら(無料)

口座開設の流れについて

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。