日経平均3万円への道
『お客様感謝Day2018』

配信日:2018年1月19日 
更新日:2018年2月22日

お客様感謝Day2018は終了いたしました。
たくさんのご参加誠にありがとうございました。

今回の「お客様感謝Day2018」では、マネックス証券 代表取締役社長 松本大、チーフ・ストラテジスト 広木隆およびチーフ・アナリスト 大槻奈那に加え、国内外の株式市場動向や為替相場に精通した特別講師陣による「日経平均30,000円への道と2018年の相場の見通し」など、資産形成からトレーディングまで幅広い分野において、お客様の投資の一助となる情報を様々な視点からお届けします。

また、ファイナンシャルプランナー(CFP®)の山中伸枝氏をお招きし、資産形成との付き合い方についてトークショーを行う他、東京大学の松尾 豊 特任准教授、(社)アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長 船橋 洋一氏をお招きし、AIや世界の未来について松本 大と特別鼎談も実施する、充実の内容です。

更に今年は、エンターテイメントショータイムで会場を盛り上げ、幅広いテーマと超一流の講師陣と共に深堀しつつ、お客様に満足いただける最高のイベントにいたします。

なお、全国のお客様がご参加いただけるよう、先着5,000名様にリアルタイム動画配信(オンライン視聴)を予定しております。

お客様感謝Day2018は終了いたしました。
たくさんのご参加誠にありがとうございました。

お客様感謝Day2018概要

日時 2018年2月25日(日)12:00開場 13:00開演 16:30終了
場所 東京ドームシティホール地図
〒112-8575 東京都文京区後楽1-3-61
TEL 03-3817-6150
定員 2000名
  • ※お申込みいただいたお客様の中から抽選とさせていただきます。お申し込みは2018年2月14日(水)午前10時までとなります。
    抽選の結果は2018年2月16日(金)頃にメールとログイン後「MYPAGE」のメッセージボードにてお知らせいたします。
参加費 無料

当日のスケジュール

12:00 開場
13:00 開催挨拶(10分) マネックス証券代表取締役社長 松本大
13:10 はじめに(15分) 「2018年投資戦略・マーケットアウトルック」
マネックス証券チーフ・ストラテジスト 広木隆
13:25 第1部
特別鼎談(35分)
「人工知能、地政学リスクと世界の動向から見る未来」
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長 船橋洋一氏
東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏
マネックス証券代表取締役社長 松本大
14:00 マネックス証券のサービスご紹介
14:10 エンターテイメントショータイム(20分)
14:30 第2部
トークショー 資産形成トーク(30分)
「これからの資産形成の付き合い方」
ファイナンシャルプランナー(CFP®)山中 伸枝 氏
マネックス証券チーフ・アナリスト 大槻奈那
司会 津田 麻莉奈氏
15:00 休憩(20分)
15:20 第3部
パネルディスカッション
「どうなる2018年 日経平均30,000円への道と世界の相場」
マーケット・アナライズ・コメンテーター 金融ストラテジスト 岡崎 良介氏
JPモルガン・チェース銀行 東京支店 市場調査本部長 マネジング ディレクター 佐々木融氏
マネックス証券代表取締役社長 松本大
マネックス証券チーフ・ストラテジスト 広木隆
マネックス証券チーフ・アナリスト 大槻奈那
司会 小川まどか氏
16:20 抽選会・閉会挨拶(10分)
16:30 終了

お客様感謝Day2018は終了いたしました。
たくさんのご参加誠にありがとうございました。

協賛企業

出演者プロフィール

マーケット・アナライズ・コメンテーター 金融ストラテジスト岡崎 良介 氏

1959年生まれ。1983年慶應義塾大学経済学部卒。伊藤忠商事に入社後、米国勤務を経て、1987年に野村證券投資信託委託(現・野村アセットマネジメント)に移りファンドマネジャーとなる。1993年から日本バンカーズトラスト信託銀行(現ドイチェ・アセットマネジメント)において、資産運用部門における債券為替担当取締役として年金・投信・ヘッジファンドなどの運用に長く携わる。2004年、フィスコ・アセットマネジメント(現ITCインベストメント・パートナーズ)の設立に運用担当最高責任者(CIO)として参画。 2012年7月、独立し8月より始まる新番組「マーケット・アナライズ」のメイン・コメンテーターとなる。著書に『相場ローテーション』日本経済出版社、『マネーの法則』日本経済出版社、『フリーランチ投資家になろう』ダイヤモンド社、『長期投資のロードマップ』ダイヤモンド社がある。

JPモルガン・チェース銀行 東京支店 市場調査本部長 マネジング ディレクター佐々木 融 氏

1992年上智大学外国語学部卒業、日本銀行入行。調査統計局、札幌支店を経て94年から97年まで国際局(当時)為替課に配属され、市場調査・分析を担当。97年から2000年まで考査局で実地考査および銀行の財務内容の分析を担当。2000年7月よりニューヨーク事務所において、NY連銀と情報交換を行いつつ外為市場を含めた市場全般の情報収集、調査・分析を担当。2003年4月、JPモルガン・チェース銀行 東京支店入行。2009年6月に債券為替調査部長、2010年5月にマネジングディレクターに就任。東京駐在グローバルFXストラテジストとして為替相場動向分析および同予測を担当。日本証券アナリスト検定協会会員。

タレント津田 麻莉奈 氏

2010年 関西学院大学総合政策学部卒業
2010年~2012年 SDN48
おもな出演
「楽天競馬"ポッ"イントもらっちゃおう大使」
グリーンチャンネル「先週の結果分析」
ラジオNIKKEI「菅下清廣のMarket World Vision」
ラジオNIKKEI「町田徹のふかぼり!」
CATV296「部活なう」
J-SPORTS「野球好き!球春到来!スペシャル」
「野球好き!キャンプ祭り~楽天リポート」
ラジオNIKKEI「Oh!わんだーFXナイト」
FM NACK5「GOGOMONZ」
グリーンチャンネル「競馬場の達人」
TOKYO MX「CLIMAX 東京大賞典」
イベント司会
大井競馬場 トゥインクルイルミネーション点灯式  等 多数

一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長船橋 洋一 氏

1944年北京生まれ。東京大学教養学部卒。法学博士。朝日新聞社北京特派員、ワシントン特派員、アメリカ総局長、コラムニストを経て朝日新聞社主筆。ハーバード大学ニーメンフェロー、米国際経済研究所客員研究員(1987年)、米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー。
2011年9月に独立系シンクタンク「日本再建イニシアティブ」(2017年7月から「アジア・パシフィック・イニシアティブ」)設立、理事長。福島原発事故を独自に検証する「民間事故調」を設立。調査報告書を発表、刊行。
主な著書は、『通貨烈烈』(吉野作造賞)、『同盟漂流』(新潮学芸賞)、『カウントダウン・メルトダウン』(大宅壮一ノンフィクション賞)、『湛山読本―いまこそ、自由主義、再興せよ。』

東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授松尾 豊 氏

1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。同年より、産業技術総合研究所研究員。2005年8月よりスタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構/知の構造化センター/技術経営戦略学専攻准教授。2014年より、東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 グローバル消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授。専門分野は、人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析。人工知能学会からは論文賞(2002年)、創立20周年記念事業賞(2006年)、現場イノベーション賞(2011年)、功労賞(2013年)の各賞を受賞。人工知能学会 学生編集委員、編集委員を経て、2010年から副編集委員長、2012年から編集委員長・理事。2014年より倫理委員長。

ファイナンシャルプランナー(CFP®)山中 伸枝 氏

ファイナンシャルプランナー(CFP®)、株式会社アセット・アドバンテージ代表取締役、確定拠出年金相談ねっと代表、一般社団法人 公的保険アドバイザー協会 理事

マネックス証券代表取締役社長松本 大

1963年埼玉県生まれ。1987年東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経て、ゴールドマン・サックスに勤務。1994年、30歳で当時同社最年少ゼネラル・パートナー(共同経営者)に就任。1999年、ソニー株式会社との共同出資でマネックス証券株式会社を設立。2004年にはマネックスグループ株式会社を設立し、以来CEOを務める。マネックスグループは、個人向けを中心とするオンライン証券子会社であるマネックス証券(日本)、TradeStation証券(米国)・マネックスBOOM証券(香港)などを有するグローバルなオンライン金融グループである。株式会社東京証券取引所の社外取締役を2008年から2013年まで務めたほか、数社の上場企業の社外取締役を歴任。現在、米マスターカード、株式会社ユーザベースの社外取締役も務める。

マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木 隆

上智大学外国語学部卒業。国内銀行系投資顧問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
長期かつ幅広い運用の経験と知識にも基づいた多角的な分析に強み。2010年より現職。青山学院大学大学院(MBA)非常勤講師。テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、ラジオNIKKEI、ストックボイス等、メディアへの出演も多数。

著書『9割の負け組から脱出する投資の思考法』『ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論』『勝てるROE投資術』

マネックス証券チーフ・アナリスト大槻 奈那

東京大学文学部卒、ロンドン・ビジネス・スクールでMBA取得。スタンダード&プアーズ、UBS、メリルリンチ等の金融機関でリサーチ業務に従事、各種メディアのアナリスト・ランキングで高い評価を得てきた。
2016年1月より、マネックス証券のチーフアナリストとして国内外の金融市場や海外の株式市場等を分析する。現在、名古屋商科大学経済学部教授を兼務。東京都公金管理運用アドバイザリーボード委員。

フリーアナウンサー小川 まどか 氏

出演歴
GOGOJUNGLEマーケット・ストラテジー (ストックボイスTV) キャスター
朝エクスプレス (日経CNBC) キャスター
前場NOW (日経CNBC) キャスター
昼エクスプレス (日経CNBC) キャスター
Mナビ (TX) キャスター
日経ヴェリタストーク (日経CNBC) キャスター
ビジネスヘッドライン (日経CNBC) キャスター
スーパーJチャンネル (ANB) リポーター
BSニュース (NHK-BS1) キャスター
列島ニュース (NHK-BS1) キャスター
プロサッカーニュース (フジテレビ739) MC・アシスタント
峰竜太のナッ得!ニッポン (BS朝日) リポーター
ジャスト (TBS) リポーター
toto TV (MX・TVS) MC
高校野球ダイジェスト (TVS) キャスター
医療系ライブセミナー (WEB) 司会

お客様感謝Day2018は終了いたしました。
たくさんのご参加誠にありがとうございました。

コラム一覧へ

口座開設はこちら(無料)

口座開設の流れについて

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。