アップデート
日経平均30,000円への道

配信日:2018年5月23日

2017年10月27日(金)、マネックス証券は日経平均が30,000円へと上昇する見通しを発表しました。あわせて、2017年11月にマネックス証券社員と外部有識者の、日経平均30,000円の到達予想時期とコメントを掲載しました。

日経平均3万円への道。達成時期はいつ?(2017年11月9日掲載)

今回、2018年5月の日本市場の株安を受けて、日経平均の見通しを一部変更いたしました。各人のコメントをご覧ください。

アップデート 日経平均は30,000円へ。マネックス証券と有識者の見通し

3万円到達予想時期とコメント

マネックス証券 代表取締役社長松本 大

3万円到達予想時期
2019年12月末
コメント

3月14日に見通しのアップデートをしてから約2ヶ月が経った。当時は2月初頭のマーケットの変動の心理的ショックがまだあったが、今はもうない。そしてこの2ヶ月間に出てきた材料としては、朝鮮半島情勢の安定化、引き続き強い米国の経済指標であり、政治的には米国も日本も、大統領・首相を取り巻くゴタゴタが以前と変わらず続いているといった感じである。

前回は、我が国において金融緩和政策が維持されていること、企業収益がバブル期の4倍であるにも関わらず時価総額はバブル期と変わらないこと、日本企業の性能はかなり良くなってきていること、などを理由に、日本株は波を伴いながらも、米国株などと同様に、長期的には上がっていく株になったという前提は変わらず、然しながら2月初頭の変動で株価が一旦大きく下げ、またその変動を契機にボラティリティが上昇し、その結果円高になりやすくなったので、日経平均3万円到達時は当初予想より遅れ、2019年12月末になるだろうと予想した。

しかし、最近の地政学リスク状況、経済状況、マーケット状況を見ると、少なくとも2月、3月の時に比べて センチメントも含め、好転していることは明らかである。予想時期は2019年12月末から変更しないが、気持ち的には前倒ししたくなって来ていると述べておきたい。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト広木 隆

3万円到達予想時期
後ズレシナリオ(2020/3月末)となる見込み
コメント

前回(2018年3月)のアップデートで、は、日経平均が3万円に到達するという従来の基本観を維持したうえで、ただし3万円到達時期が1年後ろ倒しの2019年度末(2020/3月)というシナリオをもうひとつ提示した。
市場センチメントが極端に悪化した結果、後ずれする可能性が高まったとしたものである。

その後2ヶ月の動きは想定通りで、市場センチメントの極端な悪化は修正され、日経平均株価も3月の彼岸過ぎに底打ちしており、早晩高値に戻るだろうと見ている。

一方、前回以降のアップデートで「グローバル経済や企業業績などファンダメンタルズは良好」としていたが、日本・海外ともに景況感の悪化が見られるようになってきている。リセッションとまでは言えないが、「ソフトパッチ(ぬかるみ)」もしくは「踊り場」というような状況といえよう。
そうしたソフトパッチが、株式相場にとって好都合となる場合もあるが、3万円到達時期は後ズレシナリオの可能性が高まったと考えられる。

詳細はストラテジーレポートをご覧ください

マネックス証券 チーフ・アナリスト大槻 奈那

コメント

企業のファンダメンタルズは引き続き強く、金融危機のリスクも見られないことから、日経平均株価が2019年度末頃までに3万円に達するという見方には変わりはない。

2月以降、米金利の上昇や為替変動により、投資家のセンチメントが悪化したことを指摘してきた。しかしその後、北朝鮮が融和路線へと大転換を見せたことで、市場は落ち着きを見せている。現在の109円台のドル円レートは従来の企業の想定為替レートとほぼ合致するとみられ、企業収益予想に対する不安感は後退した。これに伴い、個人のセンチメントもやや回復傾向にある。

一方新たなリスク要因として、一部の新興市場の為替の下落や金利の上昇が浮上している。4月末以降トルコリラやアルゼンチンペソの下落が著しく、5月初頭に、トルコリラは対ドル、対円で史上最安値を記録している。

依然として、金融危機を警戒しなければならないレベルではないものの、米金利引き上げの副作用が、世界経済の脆弱な部分で表面化し始めたことは意識せざるをえない。

足元のセンチメントの改善と新たなリスク要因の双方を検討し、日経平均3万円達成の時期は19年度末に据え置く。当面注視したい点としては、新興国リスクの広がり、地政学リスクの再燃などが挙げられる。

広木隆のストラテジーレポート

広木隆が「日経平均3万円への道」をアップデートした詳細内容です。ぜひ、ご覧ください。

要旨

コラム一覧へ

口座開設はこちら(無料)

口座開設の流れについて

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

国内上場有価証券取引に関する重要事項

<リスク>

国内株式および国内ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「国内株式等」)の売買では、株価等の価格の変動や発行者等の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。また、国内ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。信用取引では、元本(保証金)に比べ、取引額が最大3.3倍程度となる可能性があるため、価格、上記各指数等の変動、または発行者の信用状況の悪化等により元本を上回る損失(元本超過損)が生じることがあります。

<保証金の額または計算方法>

信用取引では、売買金額の30%以上かつ30万円以上の保証金が必要です。

<手数料等(税抜)>

国内株式等のインターネット売買手数料は、「取引毎手数料」の場合、約定金額100万円以下のときは、成行で最大1,000円、指値で最大1,500円が、約定金額100万円超のときは、成行で約定金額の最大0.1%、指値で約定金額の最大0.15%を乗じた額がかかります。ただし、信用取引では、「取引毎手数料」の場合、約定金額が200万円以下のときは、成行・指値の区分なく最大800円が、約定金額200万円超のときは、成行・指値の区分なく最大1,000円がかかります。また、「一日定額手数料」の場合、一日の約定金額300万円ごとに最大2,500円かかります。約定金額は現物取引と信用取引を合算します。(非課税口座では「取引毎手数料」のみ選択可能ですのでご注意ください。)単元未満株のインターネット売買手数料は、約定金額に対し0.5%(最低手数料48円)を乗じた額がかかります。国内ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。国内株式等の新規公開、公募・売出し、立会外分売では、購入対価をお支払いただきますが、取引手数料はかかりません。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。