サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

LGBTカップル向けの口座サービス「パートナー口座」利用ルール・ご注意

利用ルール・ご注意

  • パートナー口座では、MRFの取得を含む有価証券の取引はできません。
  • パートナー口座の金銭について、法的な手続きにおいては、すべてパートナー口座の名義人の財産として扱われる可能性があります。
  • パートナー口座への入金にかかる振込手数料はお客様のご負担となります。
  • パートナー口座の残高からご自身の証券総合取引口座へ資金を移動することはできません。
  • パートナー口座の残高がお二人のマネックスセゾンカードの利用代金の合計額に満たない場合、どちらか一方の利用代金のみが引落される場合があり、その際引落しが行われなかった方のお客様にのみクレディセゾンより支払いの督促が行われます。
  • マネックスセゾンカードの利用代金の債務者は、パートナー契約の有無に関わらず、カードの名義人となります。

パートナー口座に関する重要事項

パートナー口座をご利用いただくためには、あらかじめマネックス証券総合取引口座をご開設いただいた上で、マネックスセゾンカードの発行が完了し、パートナー口座サービスの利用を当社ウェブサイトでお申込みいただく必要があります。 パートナー口座のご利用は、各自が法律上の婚姻をしておらず互いが法律上の婚姻に相当する関係(パートナーシップ関係)にある個人に限られ、パートナーシップ関係にある個人それぞれの証券総合取引口座の開設、ならびにマネックスセゾンカードの発行が必要です。パートナー口座は、特定口座とすることはできずお取引は全て一般口座の扱いとなります。マネックスセゾンカードの発行には審査があります。パートナー口座においては、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)の取得を含む有価証券のお取引はいただけません。パートナー口座のご利用にあたっては、パートナー口座サービス利用申込書等の記載事項等を必ずお読みください。