先進的な商品・サービス

独自性と新しさを兼ね備えた新提案を続々と!

マネックス証券は1999年創業以来、マネックスナイター(2001年~)、貸株サービス(2003年~)やカブロボファンド(2009年~)など、次々と先進的なサービスをご提供してまいりました。これからも、常にお客様にとって最良の金融サービスを追求してまいります。

2000

ゲームファンドを開発・販売


2001

個人投資家向け私設取引システム「マネックスナイター(夜間取引)」開始


2003

個人投資家向けに貸株サービス開始
お客様の株式をマネックス証券がお借りして、応分の貸株金利をお支払いするサービス。


2007

マネックス資産設計ファンド販売開始
低コストで世界の6資産に分散投資できるマネックス証券専用の投資信託。


2008

MYログイン機能を導入
「MYログイン」とは、ログイン時のセキュリティをより一層強化したログイン機能のこと。フィッシング詐欺、ログインIDの盗用を同時に防ぐ、国内証券業界初のサービスです。


2009

カブロボファンド販売開始
日本株ロボット運用投信(愛称:カブロボファンド)。人に代わって複数のロボットが機動的な売買を行う画期的な投資信託。


2010

資産設計ツールMONEX VISION βをリリース
1人ひとりにあわせて資産運用をアドバイス。最新の金融工学理論を駆使した資産設計アドバイスツール。(2011年 iPadに対応)


2011

個人投資家向けに人民元建て中国国債を販売
国内で初めて一般の個人投資家を対象とした人民元建て中国国債(既発債)を販売。


信用取引自動決済発注サービス みまもるくんサービス開始
信用取引における建玉の損失の割合が、事前に設定された損切り決済率に達すると、自動で決済注文が発注されるサービス。


2012

マネックスシグナルの配信
複数の投資分析アルゴリズム(ロボット)により、日本株の投資判断の内容を日々メール配信するサービス。


2013

教育資金贈与サポートを開始
平成25年度税制改正に伴い新しく創設された「教育資金の一括贈与に係る贈与税非課税措置」を、マネックス証券の口座を通じてご利用いただけるサービス。


2014

スタート信用開始
建玉上限金額を500万円と低く設定し、買建て取引専用など、個人投資家のリスク管理を考えた信用取引サービスです。


2015

投資信託の銘柄選びサポートアプリanswerの提供を開始
投資信託による資産運用の銘柄選びをサポートするスマートフォン向けアプリケーション。
※answerは2019年9月30日(月)をもってサービスを終了いたしました。


2016

ロボ・アドバイザーを活用した少額・低コスト型ラップ「マネラップ(MSV LIFE)」の提供開始
最低運用金額1万円から、業界最安水準の実質負担費用1.0%未満(税込)から、お客様ひとりひとりの資産形成・運用の目的に応じた資産計画と運用戦略をご提供。


2017

銘柄分析の強力な相棒「マネックス銘柄スカウター」の提供を開始
最長過去10年間の企業業績、PERやPBRなどをグラフィカルにわかりやすく取得できる銘柄分析ツールの決定版。


※「MONEX VISION β」は、正規版開発のための動作テスト・評価用のβ版であり、最終的な製品ではありません。

リスク・手数料などの重要事項