ホーム > 最新情報 > コラム・レポート > コラム・レポート一覧 > トレードステーション利用術(65)2020年注目の業界

トレードステーション利用術(65)2020年注目の業界

2019.12.27

フィスコリサーチレポーターとして各種レポート執筆やセミナーイベントに登壇している馬渕磨理子氏が、トレードステーションの便利な利用方法やオリジナルの活用方法をお届けします。旬なテーマも盛り込まれ、日々のトレードや銘柄探しにも役立つ内容です。

●2020年の株式相場の展開

 まず2020年の日経平均株価動向を考えてみましょう。2019年は後半になって、世界的な景気回復への期待から世界同時株高となっています。2020年はこの流れを受けてスタートし、上半期は底堅い値動きが予想されます。しかし、11月のアメリカ大統領選挙の前には先行き不透明感から一旦株安となる可能性が高いと考えられます。アメリカ大統領選挙後は再び年末にかけて株高といったシナリオを予想します。
では、アメリカ大統領選挙や日本では東京五輪開催を控える2020年にはどのような業界が盛り上がるか考えてみたいと思います。

●2020年に盛り上がると予想される業界

東京五輪

東京都の資料によると、東京五輪に必要な民間ガードマンは約1万4千人とも言われており、2020年は綜合警備保障<2331>セコム<9735>などのセキュリティ会社の特需が見込まれるでしょう。

また、東京五輪関連ではインバウンド関連が本命になると予想されます。ホテルや宿泊施設だけでなく、格安航空券販売の最大手であるエイチ・アイ・エス<9603>、ホテルの予約管理システム販売を展開している手間いらず<2477>なども注目です。

国土強靭化関連銘柄

日本政府は12月5日、経済対策を閣議決定し、事業規模約26兆円、財政支出約13.2兆円と発表しています。また、日本では高度経済成長期に建設した各種インフラ設備の老朽化が進んでおり、改修が急がれています。

国土強靭化政策が推進される中、2019年秋の台風被害からの復旧・復興を柱とする大型の経済対策は、2020年を通じて景気へのプラス効果が期待されます。道路や橋梁、河川施設の補強・補修に強いライト工業<1926>は注目となるでしょう。

また、インフラの維持・管理体制の整備が急務となっていますが、単純な人海戦術で対応しようとすれば、膨大な人手とコストが必要となります。この解決策の一つとして注目されているのがインフラ点検ロボットです。そこで、商用ドローン専業メーカーである自律制御システム研究所<6232>にも注目です。

5G関連

2020年は5Gが本格化し、国内外で商用化サービスが開始される見通しです。これを受けて、半導体業界、電子部品業界など5Gに関係する企業には期待が寄せられています。

今後5G携帯が普及すれば、コンテンツを持っている企業が強みをもつと考えられます。2019年はソニー<6758>が復権した印象の強い年でした。ソニーは、ゲーム・音楽・映画などのコンテンツに強みを持つ総合コンテンツ企業となっています。さらに、ソニーは半導体事業も堅調です。「電子の目」とも言われるCMOSセンサーについては、シェアが世界首位となっています。

その他のアップル関連として積層セラミックコンデンサを主力とする村田製作所<6981>、5Gの計測通信機器のアンリツ<6754>なども注目です。

外部要因不透明感から、内需株シフトへ

アメリカ大統領選挙や米中貿易摩擦の再燃の可能性など、予想の難しい外部要因があることから、基本的なスタンスとして、内需株にシフトしておくのも投資戦略として有効ではないでしょうか。

特に、人手不足や企業の業務効率化などによるIT投資が今後も積極的に行われる可能性が高いと考えます。ソフトウェア開発および構築を手掛ける伊藤忠テクノソリューションズ<4739>は5G関連としても底堅い値動きが期待できますし、ビジネスに必要なITサービスをフルラインナップで提供するSCSK<9719>にも注目です。

馬渕磨理子さん作成ワークスペースをダウンロードいただけます!

馬渕さんがピックアップした銘柄を挿入したワークスペースをダウンロードいただけます。トレードステーションを利用されている方は、ダウンロードするだけですぐに分析が可能です。ぜひご利用ください。

※ワークスペースのご利用にあたっては、トレードステーションの最新版にアップデートを行ってください。

ではまた次回をお楽しみに。

馬渕磨理子さんプロフィール

認定テクニカルアナリスト(CMTA®)、公共政策修士
京都大学公共政策大学院で、法律、経済学、行政学、公共政策を学び、修士過程を修了。
現在は、法人の資産運用・管理を行い、そこで学んだ財務分析・経営分析を生かしフィスコリサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行っている。また、テクニカル分析をメインとした為替相場が得意である。
大学時代は、国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞している。
公式Twitter
公式ブログ

「馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術」は、米国TradeStationGroupが開発したトレーディングツール「トレードステーション」の日本語版(マネックス証券が提供)を馬渕磨理子氏の見解で注目し、コメントしたものです。開発会社や日本語版提供会社との見解とは異なる場合があります。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

一覧ページに戻る