ホーム > 最新情報 > コラム・レポート > コラム・レポート一覧 > トレードステーション利用術(61)インフラ整備関連銘柄

トレードステーション利用術(61)インフラ整備関連銘柄

2019.11.06

フィスコリサーチレポーターとして各種レポート執筆やセミナーイベントに登壇している馬渕磨理子氏が、トレードステーションの便利な利用方法やオリジナルの活用方法をお届けします。旬なテーマも盛り込まれ、日々のトレードや銘柄探しにも役立つ内容です。

●大手ゼネコン銘柄に買い戻しの動き

インフラ整備関連企業といえば、ゼネコンを思い描く方も少なくないと思います。

競争激化に伴い8月までは低調な動きが多かったゼネコン関連企業ですが、9月以降は大成建設<1801>大林組<1802>清水建設<1803>鹿島建設<1812>など大手ゼネコンに買い戻しの動きが見られます。

台風などの災害発生によって、近頃インフラ整備の重要性が再認識されています。また、高度経済成長期以降のインフラの老朽化が進んでいることから、維持管理のための工事需要も高まると予想され、インフラ整備関連銘柄には注目が必要だと言えそうです。

たとえば、大成建設は10月24日に上期業績予想を上方修正しています。同社は、個別業績において土木事業の増収や利益率が好転したことで個別業績が改善し、連結業績においてはこれに加え国内子会社の業績が堅調に推移したことで営業利益が前回予想より133億円増の598億円となる見通しだと発表しています。

●予防保全推進がインフラ維持コストの削減につながる見込み

2018年11月末、国交省は2019年度から30年間に必要となるインフラ維持管理・更新費を試算しており、30年間の合計で最大195兆円必要との推計を発表しています。国交省の所管分野別でみると、例えば道路は2.6兆~2.7兆円(2018年度は1.9兆円)、河川等は0.7兆~0.9兆円(2018年度は0.3兆円)に達すると予測されています。

上記の推計は、被害が出る前の修繕である「予防保全」、被害発生後の修繕である「事後保全」の2パターンで試算しており、予防保全を推進した場合には、累計コストの削減が最大32%見込めるとも報告しています。

●インフラ整備に関連する銘柄

そこで、インフラ整備に関連する銘柄を具体的に見ていきたいと思います。

ライト工業<1926>

特殊土木の大手として、多くの公共事業に関わっています。斜面・法面対策工事と基礎・地盤改良工事が事業のメインとなっており、災害復旧工事や鉄道関連の軌道盛土耐震対策工事など国土の保全にその技術力を活かして取り組んでいます。

前田工繊<7821>

見地工・土木資材、産業用資材等を手掛けています。河川護岸材、斜面防災製品等の販売が順調なソーシャルインフラ事業が売上高の約60%を占めており、このセグメントが牽引役となり業績拡大が続いています。

その他、河川やダムの工事を得意とする東洋建設<1890>五洋建設<1893>日特建設<1929>や、コンクリート補修業で首位のショーボンドホールディングス<1414>なども関連銘柄として挙げられます。

今回上げた銘柄以外にも、インフラ整備関連銘柄があります。マネックス証券のトレードステーションのワークスペースにてまとめていますのでぜひご覧ください。

(その他の代表的な『インフラ整備関連』の銘柄リストは、『マネックス証券トレードステーションのHP コラム・レポートのページ』からダウンロードできます。)

馬渕磨理子さん作成ワークスペースをダウンロードいただけます!

馬渕さんがピックアップした銘柄を挿入したワークスペースをダウンロードいただけます。トレードステーションを利用されている方は、ダウンロードするだけですぐに分析が可能です。ぜひご利用ください。

※ワークスペースのご利用にあたっては、トレードステーションの最新版にアップデートを行ってください。

ではまた次回をお楽しみに。

馬渕磨理子さんプロフィール

認定テクニカルアナリスト(CMTA®)、公共政策修士
京都大学公共政策大学院で、法律、経済学、行政学、公共政策を学び、修士過程を修了。
現在は、法人の資産運用・管理を行い、そこで学んだ財務分析・経営分析を生かしフィスコリサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行っている。また、テクニカル分析をメインとした為替相場が得意である。
大学時代は、国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞している。
公式Twitter
公式ブログ

「馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術」は、米国TradeStationGroupが開発したトレーディングツール「トレードステーション」の日本語版(マネックス証券が提供)を馬渕磨理子氏の見解で注目し、コメントしたものです。開発会社や日本語版提供会社との見解とは異なる場合があります。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

一覧ページに戻る