ホーム > 最新情報 > コラム・レポート > コラム・レポート一覧 > トレードステーション利用術(62)半導体業界分析

トレードステーション利用術(62)半導体業界分析

2019.11.26

フィスコリサーチレポーターとして各種レポート執筆やセミナーイベントに登壇している馬渕磨理子氏が、トレードステーションの便利な利用方法やオリジナルの活用方法をお届けします。旬なテーマも盛り込まれ、日々のトレードや銘柄探しにも役立つ内容です。

●堅調な株価推移の半導体業界

 2017年、2018年と大きく成長した半導体業界は、一旦、踊り場を迎えましたが、IoT(モノのインターネット化)の進展により、長期的には成長を続けると予想されます。米中貿易摩擦の影響を受けて、株価はさえない展開が続いておりましたが、直近では反発し立ち上がりを見せている銘柄も多いです。半導体製造装置で世界1位の米アプライド・マテリアルズが11月14日に発表した決算が好調であったことも半導体市況には好感材料となっています。

 

●半導体製造装置メーカー・半導体材料メーカーでは日本企業が世界上位に

半導体関連銘柄は、大きく分けると(1)半導体メーカー、(2)半導体製造装置メーカー、(3)半導体材料メーカー、と分類することができます。

(1)半導体メーカー
世界シェアトップクラスの韓国のサムスン電子をはじめ、米国のインテル、韓国のSKハイニックスなどが代表的な企業です。日本企業では、ルネサスエレクトロニクス<6723>などがあげられます。

(2)半導体製造装置メーカー
半導体製造装置メーカーでは日本企業も世界の上位に多く存在しています。半導体を製造する際には、前工程(ウエハーの表面に電子回路を形成)・露光(ウエハーに電子回路パターンを焼き付ける)・後工程(ウエハーから半導体を切り出し組み立てる)・検査(ウエハー上の異物・欠陥などを検出)などの工程があります。

前工程装置の企業としては東京エレクトロン<8035>SCREEN HD<7735>日立ハイテクノロジーズ<8036>※日証金:新規売建停止・現引停止、露光装置ではニコン<7731>キャノン<7751>、後工程装置ではディスコ<6146>東京精密<7729>、検査装置では半導体検査装置で世界シェアトップクラスのアドバンテスト<6857>レーザーテック<6920>が挙げられます。

(3)半導体材料メーカー
半導体材料のシリコンウエハーでは、信越化学工業<4063>SUMCO<3436>この2社で世界のシリコンウエハーの6割を占めています。フォトレジストでは、信越化学工業、富士フィルムHD<4901>※東証:公表措置銘柄、住友化学<4005>などが代表的な銘柄です。

●半導体市場の今後

半導体は好不況を3~5年で繰り返す「シリコンサイクル」を超えて好況が続いていたことから、「ハイパーサイクル」だとも言われていました。ハイパーサイクルに入った背景には、主戦場がパソコンやスマホにあり、その需要を捉えていたことが挙げられます。
スマホ需要が飽和状態になった今、半導体業界の将来を懸念する声もありますが、今後は5Gや車載搭載用にメインが移りつつあるため、成長余地は十分にあると言えます。特に車載は自動運転にからむセンサーや画像処理、車体制御などさまざまな部分で半導体搭載量が増えていくことが予想されます。

 

●注目しておくべき半導体関連の銘柄

 ・アドバンテスト<6857>
半導体検査装置で世界シェア首位級の企業ですが、同社は半導体関連の銘柄の中でも比較的値動きの出だしが早い銘柄です。半導体を最終的にチェックする検査装置を手掛けているという側面からかもしれません。半導体業界を見ていく上で注目しておいたほうがいい銘柄です。

ピーバンドットコム<3559>
プリント基板の設計・作成を行っている企業です。10月17日に東証本則市場への変更申請を発表したことで注目を集めました。手掛ける商品をプリント基板に絞り、プリント基板の製造から実装までをWeb上で簡単に注文できるワンストップサービスを構築したことから、「プリント基板業界のラクスル」とも呼ばれたりもするそうです。少量生産・最短1日の短納期にも対応できる手軽さと、利便性を重視したサービスが強みです。

その他、半導体メーカーの銘柄ではテックポイント・インク<6697>※当社:信用取引のお取り扱い無し、やサンケン電気<6707>ザインエレクトロニクス<6769>※当社:新規買建停止、半導体製造装置メーカーの銘柄ではTOWA<6315>CKD<6407>などが堅調な株価推移となっています。

今回上げた銘柄以外にも、半導体業界の銘柄があります。マネックス証券のトレードステーションのワークスペースにてまとめていますのでぜひご覧ください。

(その他の代表的な『半導体業界分析』の銘柄リストは、『マネックス証券トレードステーションのHP コラム・レポートのページ』からダウンロードできます。)

馬渕磨理子さん作成ワークスペースをダウンロードいただけます!

馬渕さんがピックアップした銘柄を挿入したワークスペースをダウンロードいただけます。トレードステーションを利用されている方は、ダウンロードするだけですぐに分析が可能です。ぜひご利用ください。

※ワークスペースのご利用にあたっては、トレードステーションの最新版にアップデートを行ってください。

ではまた次回をお楽しみに。

馬渕磨理子さんプロフィール

認定テクニカルアナリスト(CMTA®)、公共政策修士
京都大学公共政策大学院で、法律、経済学、行政学、公共政策を学び、修士過程を修了。
現在は、法人の資産運用・管理を行い、そこで学んだ財務分析・経営分析を生かしフィスコリサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行っている。また、テクニカル分析をメインとした為替相場が得意である。
大学時代は、国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞している。
公式Twitter
公式ブログ

「馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術」は、米国TradeStationGroupが開発したトレーディングツール「トレードステーション」の日本語版(マネックス証券が提供)を馬渕磨理子氏の見解で注目し、コメントしたものです。開発会社や日本語版提供会社との見解とは異なる場合があります。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

一覧ページに戻る