ホーム > 最新情報 > コラム・レポート > コラム・レポート一覧 > トレードステーション利用術(63)来年の本命!?日本のものづくり、電子部品業界

トレードステーション利用術(63)来年の本命!?日本のものづくり、電子部品業界

2019.11.27

フィスコリサーチレポーターとして各種レポート執筆やセミナーイベントに登壇している馬渕磨理子氏が、トレードステーションの便利な利用方法やオリジナルの活用方法をお届けします。旬なテーマも盛り込まれ、日々のトレードや銘柄探しにも役立つ内容です。

●日本の得意分野、電子部品業界

前回は半導体業界を取り上げましたが、今回は、「電子部品業界」です。そろそろ来年の見通しを立てていくにあたり、来年(2020年)からの5G本格化が追い風となりそうな電子部品業界に注目したいと思います。
電子部品業界には日本電産<6594>京セラ<6971>村田製作所<6981>など世界を代表する日系企業が数多く存在します。最終製品を製造して消費者に提供する製造業者はセットメーカーと呼ばれたりしますが、それに対し部品メーカーはそのセットメーカーが製品を製造する際の部品を納品する業者であり、セットメーカーにとって部品メーカーはなくてはならない存在ともいえます。

最近では日本の電子部品企業は日本企業に対してのみならず、欧米やアジアのEMS企業へも高品質の部品を供給しています。新しい革新的技術を生み出すか、時代の機器の変化に対応できるか・・・新技術に挑戦し続けなければ、事業機会を逸してしまう電子部品業界において、日本の企業はM&Aも含め新たな領域に挑戦を続けています。

●電子部品業界の次なるマーケットは自動運転

村田製作所では、「通信」と「車載」を成長の軸に連結売上高2兆円を目指しています。京セラも注力分野は「5G通信」と「車載CASE関連」としています。また日本電産も車載用モーターに力を入れており、「EVに1兆円投資する」と永守CEOが発表しており、各社が同じ方向に向かっていることがうかがえます。
世界では、高機能化が進むスマートフォンが年間14億台生産され、電子部品市場を牽引してきました。スマートフォン自体の市場は成熟してきていますが、依然として部品需要は高い水準で推移しています。今後は、自動車の電装・電動化や産業機器に関連する電子部品の需要が、市場拡大に合わせてさらに増加傾向を示してくるでしょう。
また、流通データが増加してくるので、通信基地局やデータセンターで使用する通信部品などの需要も高まると考えられます。例えば、村田製作所が強みをもつ積層セラミックコンデンサー(MLCC)はスマートフォンに1000個、EVなどの自動車では3000~1万5000個程度使用されています。

●注目しておくべき電子部品業界の銘柄

電子部品業界は大きく分けると、総合メーカー、モーター系、水晶デバイス、基板・コネクターなどに分けられます。

太陽誘電<6976>
総合メーカーの中の準大手に位置します。積層セラミックコンデンサーと言えば村田製作所が最大手ですが、太陽誘電も世界シェアで上位を占めています。村田製作所の場合はコンデンサーの売上比率が36%程度に対し、太陽誘電のコンデンサー売上比率は60%超で、業績へのインパクトがより大きいことから期待が持てます。

イビデン<4062>
デンソー<6902>と資本業務提携をしている企業で、インテル向けICパッケージが主軸です。また、プリント基板大手でもあります。電子部品業界は、20年度の業績が悪化し、21年度から回復見通しという企業が比較的多いなか、同社は20年3月期の連結営業利益が前期比68%増の170億円となる見込みです。

今回上げた銘柄以外にも、電子部品業界関連の銘柄があります。マネックス証券のトレードステーションのワークスペースにてまとめていますのでぜひご覧ください。

馬渕磨理子さん作成ワークスペースをダウンロードいただけます!

馬渕さんがピックアップした銘柄を挿入したワークスペースをダウンロードいただけます。トレードステーションを利用されている方は、ダウンロードするだけですぐに分析が可能です。ぜひご利用ください。

※ワークスペースのご利用にあたっては、トレードステーションの最新版にアップデートを行ってください。

ではまた次回をお楽しみに。

馬渕磨理子さんプロフィール

認定テクニカルアナリスト(CMTA®)、公共政策修士
京都大学公共政策大学院で、法律、経済学、行政学、公共政策を学び、修士過程を修了。
現在は、法人の資産運用・管理を行い、そこで学んだ財務分析・経営分析を生かしフィスコリサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行っている。また、テクニカル分析をメインとした為替相場が得意である。
大学時代は、国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞している。
公式Twitter
公式ブログ

「馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術」は、米国TradeStationGroupが開発したトレーディングツール「トレードステーション」の日本語版(マネックス証券が提供)を馬渕磨理子氏の見解で注目し、コメントしたものです。開発会社や日本語版提供会社との見解とは異なる場合があります。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

一覧ページに戻る