ホーム > 最新情報 > コラム・レポート > コラム・レポート一覧 > トレードステーション利用術(69)「銘柄スカウター」×「トレードステーション」~コンセンサス上昇ランキング~

トレードステーション利用術(69)「銘柄スカウター」×「トレードステーション」~コンセンサス上昇ランキング~

2020.02.17

フィスコリサーチレポーターとして各種レポート執筆やセミナーイベントに登壇している馬渕磨理子氏が、トレードステーションの便利な利用方法やオリジナルの活用方法をお届けします。旬なテーマも盛り込まれ、日々のトレードや銘柄探しにも役立つ内容です。

これまでも何度か本記事にて、マネックス証券の日本株銘柄分析ツール「マネックス銘柄スカウター」(以下、「銘柄スカウター」と呼びます)と「トレードステーション」の組み合わせは銘柄分析において最強、と紹介させていただいております。今回は、銘柄スカウターの中の「経常利益予想コンセンサス上昇ランキング」との組み合わせ活用法をご紹介いたします。

●「経常利益予想コンセンサス上昇ランキング」とは

「銘柄スカウター」の10年スクリーニングの中にある「経常利益予想コンセンサス上昇ランキング」は、直近一週間に経常利益予想コンセンサスが上昇した銘柄について、変化率が高い順にランキング表示しているもので、最新のものが常に更新されます。コンセンサスの上昇は、アナリストの誰かが業績予想を上方修正していることを意味しますので、有望な銘柄を探すヒントになります。

●投資家目線の銘柄一覧をCSV形式でダウンロードできる機能

「経常利益予想コンセンサス上昇ランキング」のさらなるオススメポイントは、銘柄の一覧がCSVでダウンロードできる点です。これはまさに、トレーダー目線のツールといえるでしょう。一覧にある銘柄をトレードステーションのレーダースクリーンに登録すれば、有望な銘柄の一覧をトレードステーションで分析することができます。

●最新のコンセンサス上昇ランキング銘柄

2月12日時点では35銘柄がランキングに上がっていましたが、具体的にどのような銘柄がランキングされていたのかを見ていきましょう。

この時期のランキングでは、半導体関連の業績の好転と、システムインテグレーション関連の銘柄のコンセンサスがプラスに乖離している一方で、製薬企業のコンセンサスがマイナスに乖離している点が印象的でした。

経常利益の会社予想とコンセンサスの乖離率が、最もプラス方向に大きかった銘柄が新光電気工業<6967>(+32.4%乖離)です。同社の20年3月期通期予想では前期に比べ利益が大幅に減少する見通しですが、足元では半導体関連事業が回復傾向に転換しています。

四半期ベースで見てみると、20年3月期第3四半期は、売上高382億円、営業利益10億円、経常利益17億円に着地し、営業利益・経常利益ともに黒字転換しています(第2四半期は営業利益5.8億円の赤字、経常利益0.9億円の赤字)。次世代の基板の拡大や静電チャックの需要に伴い業績が成長し、中期的な業績拡大の可能性があると見ています。

(※静電チャック:半導体製造装置の中核部品で、半導体ウエハーを静電気で吸着して固定する際などに使用します。)

また、同じ半導体の基盤関連ではイビデン<4062>もプラスの乖離でランクインしています。システムインテグレーション関連でコンセンサスがプラス乖離していた銘柄は、インターネットイニシアティブ<3774>TIS<3626>などがあげられます。

一方、製薬企業では、協和キリン<4151>武田薬品工業<4502>塩野義製薬<4507>などが会社予想よりコンセンサスがマイナスに乖離でランキング入りしています。

「経常利益予想コンセンサス上昇ランキング」を見ることで、株式市場でトレンドを把握しながらも、今後の先読みもできる点が魅力ではないでしょうか。

今回のランキングの入っている35銘柄全てを、マネックス証券のトレードステーションのワークスペースにてまとめていますのでぜひご覧ください。

馬渕磨理子さん作成ワークスペースをダウンロードいただけます!

馬渕さんがピックアップした銘柄を挿入したワークスペースをダウンロードいただけます。トレードステーションを利用されている方は、ダウンロードするだけですぐに分析が可能です。ぜひご利用ください。

※ワークスペースのご利用にあたっては、トレードステーションの最新版にアップデートを行ってください。

ではまた次回をお楽しみに。

馬渕磨理子さんプロフィール

認定テクニカルアナリスト(CMTA®)、公共政策修士
京都大学公共政策大学院で、法律、経済学、行政学、公共政策を学び、修士過程を修了。
現在は、法人の資産運用・管理を行い、そこで学んだ財務分析・経営分析を生かしフィスコリサーチレポーターとして、個別銘柄の分析を行っている。また、テクニカル分析をメインとした為替相場が得意である。
大学時代は、国際政治学を専攻し、ミス同志社を受賞している。
公式Twitter
公式ブログ

「馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術」は、米国TradeStationGroupが開発したトレーディングツール「トレードステーション」の日本語版(マネックス証券が提供)を馬渕磨理子氏の見解で注目し、コメントしたものです。開発会社や日本語版提供会社との見解とは異なる場合があります。

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

一覧ページに戻る