サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

【月1開催】ハッチの米国株マーケットセミナー

毎月、チーフ・外国株コンサルタントの岡元兵八郎(ハッチ)が、米国株情報を分かりやすく解説するオンラインセミナーを開催しています。米国個人投資家の取引動向の解説や、特別ゲストとの米国株にまつわる対談コーナーなど、米国株投資に役立つ情報が盛りだくさん!米国株初心者から中上級者の方までご満足いただける内容です。

セミナーの見どころ紹介

毎回「特別ゲスト」が登場!

当セミナーでは原則、毎回「特別ゲスト」をお呼びし、ハッチと対談形式で米国株のホットニュースや疑問などをお聞きするコーナーを設けております。ハッチによる鋭い質問は見逃せません!ゲストは毎回変わりますので、様々な業界の偉人たちの視点から、米国株や米国市場のお話を聞くことができます。

ゲストとの会話が英語の場合は、日本語字幕付き動画で配信いたします。

米TradeStation Groupデイビッド氏による米国個人投資家取引動向

デイビッド・ラッセル氏

原則毎回、TradeStation Group マーケットインテリジェンス部門副社長のデイビッド・ラッセル氏(David Russell)お迎えし、米国個人投資家の取引動向を、現地からレポートいただいています。Bloomberg News、CNBC、E*TRADE Financialなどで金融ジャーナリストおよびアナリストとして20年近くの豊富なキャリアを持つ、デイビッド氏による最新情報をお見逃しなく。

デイビッド氏の動画は英語のため、日本語字幕付でお届けします。

次回の開催について

特別ゲスト

Tom McCallum氏

Tom McCallum氏(トム・マッカラム)
ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ社
投資家向け広報活動の責任者

トム・マッカラム氏はデューク大学フュークワビジネススクールで経営学修士号を、コルビー大学で経済学学士号を取得。また、NCTA(North Carolina Technology Association)の理事を務め、IRC(Investor Relations Charter)の資格を取得しています。
Red Hat社のIR担当副社長を務め、2019年2月にズームに入社しました。半導体、ソフトウェア、ハードウェア、インターネットなどのテクノロジー業界でグローバルな投資家向け広報チームを成功させ、20年にわたり、決算発表、アナリスト・デイ・ミーティング、何百ものグローバルな投資家向けロードショーなど、投資家向けのコミュニケーションやイベントを運営してきました。

開催スケジュール(予定)

セミナー名 ハッチの米国株マーケットセミナー
開催日時 2021年7月26日(月)20時から21時30分
開催場所 オンラインセミナー
参加条件 当社に証券総合取引口座をお持ちのお客様
事前申込 不要
セミナー開始15分前より以下【オンラインセミナーを視聴する】ボタンより視聴画面にアクセスいただけます。

オンラインセミナーを視聴する

前回までの様子

オンデマンドで振り返り

まだご覧になっていない方、復習をされたいという方はYouTube公式チャンネルにて過去のセミナーをご覧いただけます。(当社に証券総合取引口座をお持ちでない方もご視聴可能)

過去のセミナー一覧へ

今後3ヶ月のスケジュール(予定)

セミナー日時は原則第4木曜日20時からになります。

スケジュールは、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

8月 26日(木)20時から21時30分
9月(※) 22日(水)20時から21時30分
10月 21日(木)20時から21時30分

9月は23日が「秋分の日」で祝日になるため、22日に開催予定です。

あらかじめご了承ください。

岡元兵八郎(ハッチ)とは?

岡元 兵八郎

マネックス証券株式会社
チーフ・外国株コンサルタント 兼 マネックス・ユニバーシティ シニアフェロー

岡元 兵八郎

上智大学を卒業後、ソロモン・ブラザーズ証券(現シティグループ証券)入社。東京、ニューヨーク本社勤務を含め26年間同社にて一貫して外国株式のマーケティング、外国株式関連商品業務に携わり、外国株式部の上級管理職として機関投資家相手の外国株式ビジネスの拡大に努める。新しい海外株式市場への投資への啓蒙活動を精力的に行い、日本の機関投資家が世界54カ国の株式市場へ投資を行うサポートを行ってきた。
その後4年半はSMBC日興証券株式会社で、エクイティ部、投資情報部にて米国株式市場・企業情報の情報収集、分析、顧客向け資料作成業務の責任者として、個人投資家向けに米国株式投資の啓蒙活動を行うなどし米国株式仲介事業の拡大に貢献。
北米滞在10年、世界80カ国を訪問、33カ国を超える北南米、アジア、欧州、アフリカの証券取引所、証券会社、上場企業のマネージメントへの訪問を行うなど、グローバルな金融サービス部門において確かな実績を築く。
2019年10月より現職。

<主な著書>
「日本人が知らない海外投資の儲け方」(ダイヤモンド社)
「資産を増やす米国株投資入門」(ビジネス社)

米国株市場の見通しをレポートにてわかりやすく解説!

マネックス証券の投資メディア「マネクリ」では、チーフ・外国株コンサルタントの岡元兵八郎(ハッチ)が米国株市場の相場情報や話題の銘柄などを分かりやすいレポートで解説しています。

岡元兵八郎の米国株マスターへの道 の記事一覧

米国上場有価証券等のお取引に関する重要事項

<リスク>

米国株式および米国ETF、REIT、預託証券、受益証券発行信託の受益証券等(以下「米国株式等」)の売買では、株価等の価格の変動、外国為替相場の変動等、または発行者等の信用状況の悪化等により、元本損失が生じることがあります。米国ETF等の売買では、裏付けとなっている資産の株式相場、債券相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等(これらの指数を含む。)や評価額の変動により、元本損失が生じることがあります。国外株式等の場合には、その国の政治的・経済的・社会的な環境の変化のために、元本損失が生じることがあります。なお、外国為替相場の変動により、外貨お預り金の円換算価値が下がり、円ベースでの元本損失が生じることがあります。

<手数料等>

米国株式等の売買では、約定金額に対し0.45%(税込:0.495%)(ただし、手数料上限20米ドル(税込:22米ドル))の国内取引手数料がかかります。IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引の取引手数料は、1注文の約定金額により異なり、最大14,000米ドル(税込:15,400米ドル)かかります。また、上記取引手数料のほか売却時のみ現地取引費用がかかります。現地取引費用は、市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、その金額等および手数料等の合計額等をあらかじめ表示することはできません。また、米国ETF等の売買では、保有期間に応じて信託報酬その他手数料がかかることがあります。なお、円貨お預り金と外貨お預り金の交換時に所定の為替手数料がかかります。

<その他>

お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「上場有価証券等書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。また、米国株式等は、国内金融商品取引所に上場されている場合や国内で公募・売出しが行われた場合等を除き、日本の法令に基づく企業内容等の開示が行われておりませんので、取引を行うにあたっては十分にご留意ください。
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。