サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

ETF・J-REIT(上場投信)

ETFの魅力・メリット

ETFには大きく以下5つの魅力・メリットがあるといわれています。

1一般的な投資信託に比べて保有コスト(信託報酬)が安い

ETFは一般的な投資信託に比べ、信託報酬が安く、長期投資にも適した商品といわれています。

信託報酬:信託報酬は、投資信託を保有している期間、毎日一定割合で控除される費用のことです。信託報酬率は、個々の投資信託毎に設定されていて、同じ投資信託であればどの金融機関で購入しても同じです。毎日発表される基準価額は、この信託報酬を控除した後の価額です。

2個別株投資に比べリスク分散効果がある

ETFは指数を構成する多数の企業等に分散投資する投資信託のため、個別の企業の株式に投資するよりもリスクの分散効果があるといわれています。

3投資判断や値動きが個別銘柄よりもわかりやすい

ETFは一般的に日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動するように運用される投資信託のため、個別銘柄よりも比較的投資判断がしやすく、値動きがわかりやすいといわれています。

4投資信託に比べて売買の自由度が高い

ETFは、上場株式と同様に、注文価格を指定する指値注文や、注文価格を指定しない成行注文など注文価格を選択でき、注文の有効期間も当日中から1ヵ月後まで選択可能なため、一般的な投資信託よりも売買の自由度が高くなっています。

※ 指値注文、成行注文の特徴については、「成行」「指値」とはをご覧ください。

5信用取引の利用で、取引の幅が広がる

ETFは、上場株式と同様に信用取引の利用が可能なため、お手元の資金より多くの金額のお取引が可能です。また、空売りを行うことにより、下落相場でも利益を得るチャンスが生まれます。

ご注意

信用取引は、投資した資金(保証金)に比べて大きな利益が期待できますが、その一方で価格の変動が予想と違った場合には、損失も大きくなります。信用取引を利用するときは、その仕組みをよく知り、お客様自身の判断と責任において行うようお願いいたします。
また、信用取引において空売り可能(新規売建て可能)銘柄は、当社では、制度信用銘柄のうち、証券取引所が決めた銘柄(貸借銘柄)に限られます。

マネックス証券ならETF取引にこんなメリットが!

1貸株サービスの利用で保有期間中に貸株金利が受け取れる!

マネックス証券なら「貸株サービス」を利用し、保有しているETFを貸し出すことで貸株金利を受け取ることができます!もちろん売却したくなっても売却方法は通常通り。
保有しているだけじゃもったいないな…という方におススメ。

貸株サービスの詳細へ

2逆指値注文やツイン指値注文の利用でリスクとリターンをコントロール!

マネックス証券なら逆指値注文やツイン指値注文をうまく利用することで、利益確定やロスカットを効率的に行うことができます!
急激な相場の変動に慌てず対処したいとお考えの方におススメ。

逆指値・ツイン指値注文の詳細へ

3信用取引で保証金の最大約3.3倍の取引が可能!

マネックス証券なら、ETF(※)も信用取引の取引対象銘柄です。信用取引は保証金の最大約3.3倍の取引が可能で、高い利益を狙った取引を行うことができます。
また、ETFも信用取引の保証金代用証券としてご利用いただけます。

※ 一部 非対象銘柄がございます。

ETFのデメリット・主なリスク

主なデメリット

主なリスク

ETFの信用リスク(東京証券取引所ウェブサイト)

※リンク債型ETF、OTCスワップ型ETFの項目をご参照ください。