サイト内の現在位置を表示しています。

今後のドコモサービスとの機能連携をご紹介

マネックス証券株式会社(以下、マネックス証券)は、2024年1月4日(木)より、株式会社 NTTドコモ(以下、NTTドコモ)との業務提携を開始し、今後お客様に最も選ばれる次世代の資産形成サービスを、NTTドコモと共同で創出・提供をしていく予定です。新NISAの開始に伴ってお客様から多数のご要望をいただいているdカード®でのクレカ積立サービスをはじめとした主なドコモサービスとの機能連携の概要や提供予定時期についてご案内いたします。

より便利に使いやすく!ドコモサービスとの機能連携の概要

初めての方にも手軽で簡単な資産形成サービスの提供を目指しdポイント・dカード®・dアカウント®などNTTドコモのサービスと、マネックス証券のサービスの連携を強化していきます。dポイントの取扱いは、現在のマネックスポイントと同水準とすることを予定しています。
なお、これらのサービス開始後も現行の「マネックスポイント」はじめマネックス証券のサービスはそのままご利用いただけます。利用するポイントを選択いただく予定です。

  • 「dカード®」「dカード GOLD®」「dアカウント®」はNTTドコモの登録商標です。
  • 本ページで紹介している機能は開発中のものです。実際の仕様とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

①dカード®によるクレカ積立(2024年夏頃 提供開始予定)

マネックスカードポイント

dカード®での投資信託のクレカ積立が可能になります。

dカード®、dカード GOLD®のクレジットカード番号の冒頭4桁が、[4363]、[5344]、[5365]のいずれかから始まるお客様が対象。

②dポイントを利用した投資信託の購入(2024年秋頃 提供開始予定)

マネックスカードポイントから投資へ

dポイント1ポイントを投資信託の買付代金1円としてご利用いただけるようになります。ご自身で貯めたdポイントを、投資信託の購入に利用できます。

  • 金額指定のみが対象です。口数指定はご利用いただけません。
  • 積立、投資一任口座、iDeCo、コールセンター経由などは対象外です。

③dポイントでの投信保有ポイント付与(2024年秋頃 提供開始予定)

マネックスカードポイントから投資へ

マネックスポイントの代わりに、dポイントを貯められるようになります。投資信託を持っているだけで、毎月、dポイントが貯まります。さらにNISA口座でも貯まります。

④dアカウント®を使ったマネックス証券へのログインや口座開設(2024年冬頃 提供開始予定)

マネックスカードポイントから投資へ

dアカウント®を使ったマネックス証券へのログインが可能に!またdアカウント®を活用して新規口座開設の際の情報入力が簡単に行えるようになります。

新NISAデビュー応援dポイント祭!最大4,000ptもらえる

マネックス証券はあなたの新NISAデビューを応援します!キャンペーン期間中に各種条件クリアでdポイント最大4,000ptがもらえるキャンペーンを開催中です。

【特典1】dポイント2,000円相当!新規口座開設キャンペーン

dポイント祭り! クイズに正解&新規口座開設等で2,000円相当プレゼント!

クイズに正解して本キャンペーンにエントリーし、期間中にマネックス証券で新規に口座を開設した上でdポイントクラブ会員情報を登録するともれなくdポイント2,000円相当をプレゼントします。
キャンペーン期間:2024年3月31日(日)まで

キャンペーン詳細はこちら

【特典2】dポイント2,000円相当!NISA口座開設キャンペーン

dポイント祭り! クイズに正解&NISA口座開設等で2,000円相当プレゼント!

クイズに正解して本キャンペーンにエントリーし、期間中にマネックス証券でNISA口座を開設した上でdポイントクラブ会員情報を登録するともれなくdポイント2,000円相当をプレゼントします。
キャンペーン期間:2024年4月15日(月)まで

キャンペーン詳細はこちら

キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

NISAをはじめるには

NISAお取引には、マネックス証券の「証券総合取引口座」の開設が必要です。

NISAのお取引は、NISA口座を開設するとご利用いただけます。

証券総合取引口座をお持ちでない方

[口座開設・維持費は無料]

証券総合取引口座をお持ちの方

[NISA口座開設・維持費は無料]

金融機関変更・再開設をしたいお客様

金融機関変更・再開設

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。

NISA口座の開設およびお取引に関するご留意事項

<口座開設および金融機関変更に関して>

NISA口座は、同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となります。その年の買付けがすでに行われている場合、金融機関変更はできません。また、NISA口座の残高を他金融機関へ移管することはできません。

<お取引に関して>

  • 上場株式などの配当金等を非課税で受け取るためには、「株式数比例配分方式」をご選択いただく必要があります。
  • 投資信託の分配金のうち特別分配金については従来より非課税です。
  • 投資信託の分配金の再投資買付は非課税投資枠を使用します。超過する場合は課税口座での再投資または分配金受取となります。
  • 外国株のお取引にはNISA口座および外国株取引口座の開設が必要です。
  • 年間投資枠(つみたて投資枠120万円/成長投資枠240万円)と非課税保有限度額(成長投資枠・つみたて投資枠合わせて1800万円/うち成長投資枠1200万円)の範囲内で購入した上場株式等から生じる配当所得や譲渡所得等が非課税となります。NISA口座内の上場株式等を売却した場合は、その翌年以降の年間投資枠の範囲内で非課税枠を再利用できます。
  • NISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。
  • NISA口座の重複開設であることが判明した場合、そのNISA口座で買い付けた上場株式等は当初から課税口座で買い付けたものとして取り扱われ、買い付けた上場株式等から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。
  • 当社が税務署審査結果を受領するまでの間に支払われる投資信託の分配金については、分配金再投資コースで投資信託を購入いただいた場合でも再投資されず、分配金受取となります。
  • 非課税口座内上場株式等払出通知書、信託報酬等実額通知書は、原則電子交付サービスでのご提供となります。

<その他>

マネックス証券における取扱商品や、その他の口座開設およびお取引に関するご留意事項等につきましては、当社ウェブサイトにてご確認ください。
2024年からのNISAにかかるご留意事項

投資信託取引に関する重要事項

<リスク>

投資信託は、主に値動きのある有価証券、商品、不動産等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券、商品、不動産等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。また、外貨建て投資信託においては、外貨ベースでは投資元本を割り込んでいない場合でも、円換算ベースでは為替相場の変動により投資元本を割り込むことがあります。投資信託は、投資元本および分配金の保証された商品ではありません。

<手数料・費用等>

投資信託ご購入の際の申込手数料はかかりませんが(IFAを媒介した取引を除く)、購入時または換金時に直接ご負担いただく費用として、約定日の基準価額に最大0.75%を乗じた額の信託財産留保額がかかります。また、投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して最大年率3.1%(税込:3.41%)を乗じた額の信託報酬のほか、その他の費用がかかります。また、運用成績に応じた成功報酬等がかかる場合があります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。手数料(費用)の合計額については、申込金額、保有期間等の各条件により異なりますので、事前に料率、上限額等を表示することができません。なお、IFAコースをご利用のお客様について、IFAを媒介した取引から投資信託を購入される際は、申込金額に対して最大3.5%(税込:3.85%)の申込手数料がかかります。詳しくは当社ウェブサイトに掲載の「ファンド詳細」よりご確認ください。

<その他>

投資信託の購入価額によっては、収益分配金の一部ないしすべてが、実質的に元本の一部払い戻しに相当する場合があります。また、通貨選択型投資信託については、投資対象資産の価格変動リスクに加えて複雑な為替変動リスクを伴います。投資信託の収益分配金と、通貨選択型投資信託の収益/損失に関しては、以下をご確認ください。
投資信託の収益分配金に関するご説明
通貨選択型投資信託の収益/損失に関するご説明
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「目論見書補完書面」「投資信託説明書(交付目論見書)」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。