1. 市況レポート

市況概況 - まとめ -

マネックス証券オリジナル市況概況 (毎営業日、朝夕2回更新。)

  • 朝(8時30分ごろ) NY概況および東京市場見通し
  • 夕(17時30分ごろ) 東京市場概況および個別銘柄概況

執筆者:マネックス証券 プロダクト部

やや薄商いのなか日経平均は124円高と続伸し2万円台を回復

1.概況
本日の日経平均は124円高の2万67円と続伸しました。TOPIXやJPX日経400、新興市場のマザーズ指数など主要指数は総じて上昇しました。先週末の米国市場で主要指数が高安まちまちで支援材料になりにくく、ドル円も小動きだったことを受け日経平均は31円高と小動きで寄り付きました。日経平均は寄り付き後に6円高まで上げ幅を縮めましたが、その後は急速に切り返しまもなく上げ幅を140円程度まで広げました。その後は高値圏でのもみ合いとなり日経平均は前場を118円高で終えると、後場に入っても高値圏の狭い値幅での推移が続きました。日経平均は結局124円高と続伸して6月9日以来6営業日ぶりに2万円の節目を回復しました。東証1部の売買代金は1兆9867億円と5月30日以来約3週間ぶりに活況の目安とされる2兆円の節目を下回りました。東証33業種は26業種が上昇、7業種が下落しました。その他製品や金属製品、サービス業などが堅調だった一方で海運業や石油石炭製品、保険業など景気敏感セクターの一角が軟調でした。

2.個別銘柄等
東証1部売買代金トップの任天堂(7974)が2.6%高となり年初来高値を更新しました。その他の売買代金上位銘柄も概ね堅調で、ソフトバンクグループ(9984)、ソニー(6758)、KLab(3656)、三菱UFJ(8306)、東芝(6502)などがそれぞれしっかりでした。一方でトヨタ自動車(7203)と三井住友(8316)はそれぞれ小幅に下落しています。材料が出たところでは、野村不動産ホールディングス(3231)が14%近い大幅安となりました。日本郵政(6178)による買収が白紙になったと報じられたことが嫌気されました。日本郵政も1%近く下げています。一方で地図データのゼンリン(9474)は8%超の大幅高となりました。先進運転支援システム関連が業績に寄与する見込みとして大手証券が投資判断と目標株価を引き上げたことが好感されました。

【VIEW POINT: 明日への視点】
日本企業の堅調な業績への期待からか日経平均は続伸して2万円台を回復しました。ただ、東証1部の売買代金が2兆円割れとなっているように、やや薄商いのなかでの株高となりました。先週日米の金融政策決定会合が終了し、今週はやや材料難といった様相です。レンジ相場が想定される一方で本日のように薄商いのなか株価が一方向に大きく動く可能性にも注意を払っておきたいところです。

(マネックス証券 プロダクト部 益嶋 裕)

バックナンバー


マネックスレポート一覧

当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。
当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本書の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。本書の内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

利益相反に関する開示事項

当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、ならびに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。